現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

化粧箱の作り方・材料を紹介|中身を守る化粧箱に仕上げるポイントも

化粧箱は、食品や小物を入れることに適した比較的小さな箱です。ちょっとしたギフトボックスなどとして用いられることの多い化粧箱は、中に入れる品物によって適切なサイズも細かく異なるため、適切なサイズで自作したいと考える方も多いでしょう。

化粧箱は、必要な材料と作り方をおさえておけば、誰でも簡単に作ることが可能です。そこで今回は、化粧箱の作り方を必要な材料やポイントとともに詳しく解説します。クオリティの高い化粧箱がほしいという方も、ぜひ参考にしてください。

1.中身が壊れない化粧箱を作るポイント2つ

前述のとおり、化粧箱とひとくちに言っても、さまざまなサイズが存在します。基本的に小さいサイズであることが特徴ですが、中身によって「もう少し大きくしたい」「もう少し小さくしたい」というサイズの悩みはもちろん、強度に関する悩みも出てくるでしょう。

化粧箱を作る際は、材質やサイズ感の2つのポイントにこだわることが大切です。まずは、それぞれのポイントを解説します。

1-1.強度のある材質を選ぶ

軽い化粧箱に品物を入れて発送する際でも、他の重たい荷物と混じって配送されることが基本です。配送中の衝撃によるダメージで、化粧箱はもちろん、中身も壊れてしまう可能性があります。中身の壊れない化粧箱を作る際は、ある程度の強度がある材質を選びましょう。

化粧箱は、主に下記の材質で作られています。

  • コートボール
  • ダンボール
  • カードA
  • カードB
  • アイボリー
  • 合紙

中でも、最も多く扱われている材質はコートボールという板紙です。コートボールは表面が白色・裏面がねずみ色のもの(裏ネズ)と、表面・裏面が白色のもの(裏白)の2種類があります。裏白のコートボールのほうが高級感はあるものの、パルプ100%で作られたカードAやアイボリーには劣るでしょう。

また、合紙はコートボール・中芯・ダンボール紙をあわせた材質で強度が最も高いことが特徴です。とは言え、厚さは材質によってさまざまあり、何が最も強度の高い材質となるかは厚さによって異なります。強度を高めたいのであれば、合紙を選ぶか厚みにこだわりましょう。

1-2.中身に合うサイズで作る

化粧箱に入れる品物は、ちょっとした食品や小物など多岐にわたります。品物を入れても、箱の中身に隙間があれば、配送中に動いてしまい品物がつぶれてしまう可能性があります。この場合は、緩衝材を入れることで配送中の衝撃による品物の動きを防ぐことが可能です。

しかし、緩衝材はあくまでも衝撃による品物の動きやダメージを防ぐためであり、強度を高めるものではありません。他の重たい荷物に押しつぶされると、化粧箱自体が破損する可能性もあります。中身の壊れない化粧箱を作るためには、入れる品物になるべくぴったり適したサイズであることが大切です。

2.簡単にできる化粧箱の作り方

化粧箱は、材質やサイズにこだわって選ぶことがポイントと説明しました。とは言え、手渡しでのギフト箱、あるいはちょっとした収納箱としても活用できる「小さくて簡易的な化粧箱」であれば、誰でも簡単に作ることができます。

ここからは、簡単にできる化粧箱の作り方を、必要な材料から詳しく解説します。

2-1.必要な材料

化粧箱を作る際は、下記の材料が必要です。

  • 厚紙もしくはボール紙(1枚)
  • 好きな色・柄の折り紙や包装紙(1枚)
  • カッティングボード
  • 定規
  • カッター
  • えんぴつ
  • スティックのり
  • ホッチキス

厚紙やボール紙は、100円均一ショップに売られているものでも問題ありません。折り紙や包装紙は、化粧箱をよりおしゃれな印象にしたい場合に必要です。また、のりがない場合は両面テープでも代用できます。

2-2.作り方の手順

次に、最も難易度の低い「本体・フタで箱が分かれている化粧箱(身フタ式))の作り方をステップごとに詳しく説明します。

(1)厚紙もしくはボール紙にカット線を引く

まずは、厚紙もしくはボール紙に、定規を使ってえんぴつで薄くカット線を下記のように引きましょう。厚紙はざらざらしている部分が表となるため、注意してください。

フタ部分のA(長い縦線の距離)の距離は、本体部分のAより+2~3センチほど広げることが必須です。本体部分と同等の大きさで作ると、開閉がしづらく、フタとしての役目を果たさない可能性があります。厚紙やボール紙の厚さによっては2ミリ程度でもきつくなってしまう可能性があるため、少し厚さを感じる場合は3ミリ程度広げておくことが無難です。

(2)引いたカット線に沿ってカット・切り込みを入れてから折り目をつける

カット線を引いたら、カッティングボードとカッター、必要な場合は定規も用意し、フタ・本体部分を分離してカットしたあと、どちらも必要な線部分に切り込みを入れましょう。

このとき、四隅は切り落とさず、切り込みを入れるのみにしてから、線に合わせて折り目をつけてください。厚さがあり少し力が必要なため、注意が必要です。定規を線に合わせて当てて折ると、まっすぐきれいに折り目をいれることができます。

(3)重なり合う部分をのり+ホッチキスでしっかり止める

引いた線に合わせて折り目をつけると、四隅とA部分が重なり合います。四隅の表側(紙面裏側)にのりをつけて、A部分とつなぎ合わせると、ベースとなる箱が出来上がります。

より強く固定したい場合は、のりでつなぎ合わせた上からさらにホッチキスで止めると強度が増します。フタ部分・本体部分どちらも行ってください。

(4)折り紙・包装紙を貼ってラッピングする

折り紙や包装紙を使っておしゃれにしたい場合は、ステップ1~2で行ったようにカット線を引いてカット・切り込みを入れます。また、高さ部分を+1センチほど広くとると、出来上がりにより高級感が出ます。

ステップ1~2と同様にカットして切り込みを入れたら、最後に内側の角にあたる部分に切り込みを入れてください。角部分に切り込みを入れなければ、化粧箱の内側に折り込むときにヨレてしまう可能性があります。

そのあと、折り紙もしくは包装紙の全面にのりを塗って、ベースの箱表側にきれいに貼り付けたら、おしゃれな化粧箱の完成です。フタ部分のみラッピングを行うか、本体部分も行うかは、好みで決めてください。

3.クオリティの高い化粧箱を作りたいときは?

ここまで、強度の高い化粧箱を作るポイントから、実際に誰でも簡単にできる化粧箱の作り方を説明しました。しかし、「より強度が高く、かつ高級感のある化粧箱がほしい」「さまざまなサイズの化粧箱が大量に必要」「会社のロゴが入ったおしゃれな化粧箱を作りたい」という場合は、自作ではなく専門業者に依頼することがおすすめです。

強度だけでなく、クオリティの高い化粧箱を作りたいときは、ユーパッケージ(Upackage)をぜひチェックしてみてください。ユーパッケージでは、さまざまな材質と形状の化粧箱のオーダーメイド注文を受け付けています。オリジナルデザインの印刷ももちろん可能で、大ロットでの注文であれば、よりコストを抑えることが可能です。

ユーパッケージの化粧箱の材質(用紙)・形状一覧
材質 形状
  • コートボール(310g・350g・400g・450g)
  • カードA(350g・400g)
  • カードB(310g・350g・400g・450g)
  • アイボリー(310g・350g・400g・450g)
  • ダンボール合紙(1.5mm・3mm)
  • A式
  • B式
  • C式
  • N式
  • スリーブタイプ
  • ピロータイプ
  • 持ち手式タイプ

ユーパッケージのサイト上では化粧箱の簡単自動見積もりも可能で、実際に手にとって化粧箱を見てみたいという方に向け、サンプル請求も対応しています。クオリティの高いオリジナル化粧箱を求めている方は、ぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

化粧箱は比較的小さなサイズであり、用途によっては高い強度が必要ないケースもあります。手渡しでのちょっとしたギフト用の箱や、家の中のおしゃれな収納用の箱として活用したい方は、ぜひ今回紹介した化粧箱の作成方法を実践してみてください。

また、ユーパッケージではさまざまな材質・タイプのオリジナル化粧箱の作成が可能です。大量に化粧箱が必要な場合や、お客様に商品を発送する場合に、強度とクオリティの高い化粧箱が必要な方は、ぜひユーパッケージをチェックしてください。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順