• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

入稿データ作成案内

基本説明

弊社では「フレキソ印刷(オーダー段ボールの場合)」と「シルク印刷(少量印刷・カラーダンボール少量印刷)」で印刷可能です。
段ボールダンボール箱に印刷をするためには版下が必要となります。
版下(入稿データ)は基本Adobe IllustratiorまたはAdobe photoshopにて制作されたデータが必要となります。
作成方法や注意点は「入稿データについて」を必ずご確認ください。

版下データを作成 版を作成 印刷

例)400×300×200mm箱で
  正面に250×50mmで
  印刷をご希望の場合

版下データを作成 正面版下データ
入稿データ作成案内
樹脂版を作成
樹脂版を作成 (オーダー段ボール)
シルク版を作成
シルク版を作成 (少量印刷)
入稿データ作成案内
印刷 ご注文色で印刷

入稿データについて

版下(入稿データ)は基本Adobe IllustratiorまたはAdobe photoshopにて制作されたデータが必要となります。

作成ソフト 拡張子 注意点
推薦ファイル
Adobe
Illustratior
XXXX(ファイル名)
.ai / .eps / .pdf
⦿文字の「アウトライン化」が必要
⦿配置しているイメージは不可
⦿グラデーションは基本不可(別途でお問合せください。)
Adobe
photoshop
XXXX(ファイル名)
.jpeg / .png / .eps / .tiff / .gif
※K100%データのみ対応
⦿印刷原寸100%で、解像度350dpi (ppi)以上
⦿背景は白か透明で印刷データをK100%(墨1色)
⦿グラデーションは基本不可(別途でお問合せください。)
その他 上記以外のファイルやデータ作成にお困りの方は弊社のお問合せまたはメールにてお問合せてください。
データ作成が必要な場合、対応ができないか金額が発生する可能性がございますのでご了承ください。

入稿データ作成について

Adobe Illustratiorの場合

例)400×300×200mm箱で正面に250×50mmで印刷をご希望の場合
Adobe Illustratior入稿データ作成01 1.「ファイル→新規」で新規ドキュメントを開き、左のように印刷する箱の面積を入力してください。
カラーモードがCMYKであるかを確認してOKをクリックすると新規ドキュメントが開き、デザインを開始するための空のアートボードが表示されます。

表示されたアートボードにデザインをしてください。
データは必ずベクターデータで作成し、画像データを配置しないでください。
Adobe Illustratior入稿データ作成01 2.データはK100%(黒)で作成します。
データを作成する際には印刷面に対し、ご注文する印刷の大きさと印刷する位置を決めてデータを作成します。
デザインが完了したらテキストなどは左のように書式からアウトライン化してください。

★茶色のダンボールを想定し、背景をダンボール色に違い色にしてその上にデザインするとより刷り上がった状態がイメージできます。
Adobe Illustratior入稿データ作成01 3.最後に下記の項目を全部チェック問題なかったら入稿データは完了です。
入稿データは〇〇〇〇〇.aiに保存してください。

□ 箱の印刷面に間違いはないか。(アートボードの大きさ)
□ ロゴの大きさはご注文サイズと合っているか。
□ データはK100%になっているか。
□ 文字はアウトライン化されているのか。
□ ロゴデータ以外に余分なデータが隠れてないか。

Adobe photoshop&イメージファイルの場合

例)400×300×200mm箱で正面に250×50mmで印刷をご希望の場合
印刷サイズを基準にのデータを作成する場合

1.「ファイル→新規」をクリック印刷大きさを入力、解像度を350にし、カラーモードはグレースケールにしてください。

Adobe photoshop入稿データ作成01-1
印刷面を基準にデータを作成する場合

1.「ファイル→新規」をクリック印刷面の大きさを入力、解像度を350にし、カラーモードはグレースケールにしてください。

Adobe photoshop入稿データ作成02-1

2.1の設定でOKを押すと下記のように印刷データの大きさで画面がでます。※この大きさが印刷データの大きさになります。この枠内にデザインを入れて作成してください。

Adobe photoshop入稿データ作成01-2

2.1の設定でOKを押すと下記のように印刷データの大きさで画面がでます。※この大きさが印刷面の大きさになります。この枠内にデザインを入れて作成してください。

Adobe photoshop入稿データ作成02-2

3.データが完成しましたら下記のようにテキストも一枚の画像にした上でPSDで保存してください。

Adobe photoshop入稿データ作成01-3

3.データが完成しましたら下記のようにテキストも一枚の画像にした上でPSDで保存してください。

Adobe photoshop入稿データ作成02-3

テキストやデータを一枚にする方法

  • テキストやデータを一枚にする方法01
  • テキストやデータを一枚にする方法02
  • テキストやデータを一枚にする方法03
  • テキストやデータを一枚にする方法04

1.レイヤーを開きます。
2.一番目のレイヤーをクリック、Shift+二番面のレイヤーをクリックすると両方選択されます。
3.右上のアイコンをクリックするとメニューが表示されます。
 その項目から「表示レイヤー結合」をクリックすると最後のイメージのようにレイヤーが1つに統合されます。

注意点

  • テキストやデータを一枚にする方法05

    データが画面内に入れて作成してください。
    入れないデータが切れる場合があります。

  • テキストやデータを一枚にする方法06

    解像度は350dpi以上にしないと
    版がキレイに制作できません。

お電話でのお問合わせ先

050-8882-3727

平日10:00~12:30、13:30~17:00

(土日祝日休業)

e-mailでのお問合わせ先

平日10:00~12:30、13:30~17:00

(土日祝日休業)