現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールへの印刷方法は? 印刷の種類別に比較して事例も交えてご紹介

印刷技術の向上により、さまざまな色や柄のダンボールを製造・販売できるようになりました。既製品とは異なり、オリジナリティ溢れるダンボールに仕上がるのが特徴です。

一方、ダンボールの印刷方法には種類があり、見た目や質感に影響を与えることは、あまり知られていません。今後オーダーメイドダンボールを注文される方は、各印刷方法の特徴や魅力、仕上がりの傾向を抑えておくのがおすすめです。

今回は、ダンボールの主要印刷方法やユーパッケージにおける制作事例、オーダーメイドダンボールの注文方法についてご紹介します。

1.ダンボールへの印刷方法の種類

ダンボールの代表的な印刷方法として「フレキソ・プリスロ印刷」「オフセット印刷」「シルク印刷」「箔押し印刷」の4種類が挙げられます。各印刷方法の特徴は次の通りです。

1-1.フレキソ・プリスロ印刷(オーダーダンボール)

フレキソ・プリスロ印刷(以下、「フレキソ印刷」)では、あらかじめゴムや樹脂など弾力のある原版を用意し、水性インキで印刷します。その原理は凸型の判子と同じであり、比較的オーソドックスなダンボールの印刷方法です。

フレキソ印刷の特徴は、弾力性のある原版を用いること。そのため、ダンボールをはじめとする表面が平滑でない紙にも印刷可能です。近年は印刷技術の進化もあり、極薄から厚さ8mmのダブルダンボールまで印刷できます。

また、比較的インキの使用量が少なく、生産効率に優れます。結果的に印刷費用を抑えられるため、小ロットの印刷・製造に向いている印刷方法です。なお、フレキソ印刷では、人の身体や環境に優しい水性インキを使用するのが一般的とされます。

1-2.シルク印刷(少量印刷)

シルク印刷は、大小の穴が空けられた原版にインクを伸ばし入れて印刷する方法です。原版は「シルク版」と呼ばれ、名前の由来になっています。
シルク印刷は、インクの発色の美しさを特徴とします。とりわけ単色でダンボールに印刷した場合、白や淡色、ゴールドなど幅広い色味を、はっきり際立たせながら表現できるメリットがあります

印刷時にインクを厚く塗布できる点も、シルク印刷特有の強みです。その印刷物は耐候性が高く、屋外に放置されるなどしても、簡単に色落ちする心配はないでしょう。
なお、印刷工程の関係により、初版はコストが割高です。コストよりも品質を重視する場合をはじめ、少量印刷に適した印刷方法といえます。

1-3.オフセット印刷(化粧箱・ダンボール合紙)

オフセット印刷は、平たい原版を用いるフルカラー印刷に適した方法です。私たちが日常的に目にするフルカラーの印刷物は、ほとんどがオフセット印刷を採用しています。

ダンボールにオフセット印刷を施す場合、まずは原版となる厚紙に絵柄を印刷。「合紙」と呼ばれるプロセスを経て、インクで直接印刷します。ハンコで絵柄という名の判を押していく……と考えれば、わかりやすいかもしれません。なお、オフセット印刷は、原版のインクをゴムローラーなどに「OFF」し、そこから改めて印刷する紙に「SET」する作業工程が名前の由来とされます。
先述の通り、オフセット印刷はフルカラー印刷に最適な印刷方法です。写真など繊細さの求められる文字・デザインを美しく印刷できるほか、生産効率が非常に高く、印刷物の大量生産において優れたコストパフォーマンスを発揮します。

1-4.箔押し印刷(化粧箱・ダンボール合紙)

箔押し印刷は、金属製の鋳造版を用いる印刷方法です。文字通り「箔フィルム」をプレスし、文字・デザインを熱と圧力で印刷します。

実際に使われている箔の種類は、メタリック系の金・や銀箔から顔料系の白箔、ネイビー箔などバリエーションが豊富です。いずれも箔にプレスをかけ、熱圧着により印刷するため、ハッキリと色鮮やかな仕上がりになります。

ただし、金属製の凸版は広い面積・サイズの印刷が苦手です。どちらかというと、企業ロゴなどワンポイントの印刷に適しています。また、ダンボールに箔押しすると「スジ」が目立つ傾向にあり、印刷面の仕上がり影響を与える可能性があります版代は印刷面積・サイズにより変わるため、どの程度コストがかかるか事前にチェックすることをおすすめします。

印刷入稿データ作成のご案内 >>>

1-5.印刷方法比較表

以下、代表的な4つの印刷方法における特徴をまとめました。印刷に適した色数・色味やダンボールの種類、仕上がりや版代(コスト)には違いがあります。印刷方法選びの参考にしてみましょう。

フレキソ印刷 シルク印刷 オフセット印刷 箔押し印刷
色数や色味 1~3色まで対応 1色 フルカラー対応 1色/顔料系
印刷の可否 粗い紙でも可 粗い紙でも可 平滑な紙が適切 粗い紙でも可
適した素材 ダンボール全般 ダンボール全般 板紙やG段 板紙やE段
仕上がり やや粗め 鮮明 鮮明 鮮明
ロット 大ロット 小ロット 大・中・小 大・中・小
版代 面積による 高い 安価 面積による

2.ダンボール印刷の制作事例

ユーパッケージにおけるオーダーメイドダンボールでは、多彩な印刷方法が用いられています。過去の制作事例をご覧いただくと、フレキソ印刷を選ばれるお客様が多い印象です。フレキソ印刷は、色数こそ制限されるものの、ダンボールの厚さを気にせず印刷できるのが特徴。1~3色など、少ない色数の絵柄の印刷に最適です。

よりカラフルな仕上がりをお求めの場合、フルカラー対応のオフセット印刷が選ばれています。オフセット印刷は、板紙や薄いG段が素材であれば直接印刷可能で、ユーパッケージの制作事例においても、カラフルで発色に優れたオーダーメイドダンボールが揃っています。

箔押し印刷は、その性質からメタリック系の色合いが欲しいときに選ばれます。とりわけ箔押し印刷は、ダンボール合紙の化粧箱の印刷に最適。今後オーダーメイドダンボールの発注をされる場合、使用する色数や素材、求める仕上がりに適した印刷方法を選ぶのがおすすめです。

オーダーメイドダンボールの事例紹介 >>>

3.オーダーメイドダンボールの注文方法

オーダーメイドダンボールを注文する場合、箱の形式・サイズ・紙の厚み・中芯・数量や表色などの順に選択していきます。印刷の設定項目おいては、注文プロセスの後半に用意されています。

箱の形式は、「みかん箱タイプ/A式」や「キャラメル箱タイプ/B式」から選択可能です。みかん箱タイプは最もオーソドックスなダンボールであり、キャラメル箱タイプは上下のフタを差し込める形式です。このほか、天面を差し込めて底面が組立式になる「地獄底タイプ/B式」や、縦長でポスターや図面を入れるのに適した「ポスター用箱」など、その他多数の形式も選択可能です。

紙の厚みは、基本的に「5mm A/F」「3mm B/F」「1.5mm E/F」「8mm BA/F」のうちから1つ選びます。たとえば、「8mm BA/F」は、断面が「5mm A/F」と「3mm B/F」の2種類を組み合わせた厚さを指します。

表色の選択肢は、「薄い茶色」「濃い茶色」「白色」の3パターンです。オーダーメイドする場合、中芯の強度は「C5」と「K5」から選べます。それぞれ強度の目安を示すと、C5相当は中芯が120g、K5相当は180gです。

ライナーの色について

薄い茶色 薄い茶色 濃い茶色 濃い茶色
白色 白色 裏ライナー 裏ライナー

外寸のサイズは、横・縦・高さの寸法を指定します。横はダンボールの長さ、縦は幅あるいは奥行き、高さは深さに該当します。サイズ指定の単位は、いずれもmm(ミリメートル)です。

オーダーメイドに関する情報入力が済んだら、数量や印刷設定、届け先の情報を選択・入力します。これでオーダーメイドダンボールの注文は完了です。なお、注文可能な最少ロット数は、箱のサイズや厚み、また素材の種類などにより変わります。詳しくはユーパッケージオーダーメイドダンボールの注文フォームをご覧ください。

オーダーメイドダンボールの購入はこちら >>>

まとめ

現在主流となっているダンボールの印刷方法は、4種類あります。それぞれ色数や発色、印刷に適した紙質、仕上がりの緻密に違いがあるため注意しましょう。各印刷方法の特徴を踏まえておくと、ご自身のイメージに近いダンボールをオーダーメイドできます。実際の仕上がりを確認したいときはぜひ、ユーパッケージ公式サイト内にある制作事例をご覧ください。

オーダーメイドダンボールの事例紹介 >>>

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順