• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

事例でわかる段ボール印刷の注意点

段ボール箱の印刷は主にフレキソ印刷が用いられます。
段ボール箱印刷時にいくつか注意点がありますので下記の例を参考して下さい。
  • 1.版のズレについて
  • ①段ボール印刷の特性上、デザインにずれが発生する場合があります。(形状によるずれ)
    1色印刷の場合、指定した位置と少しずれが発生することがあります。下記画像の例のようにお客様からの入稿データには蓋を閉めるとつながる形のデザインがありますが、フレキソ印刷の特性上、ずれが発生する場合があります。

  • 《1色印刷ズレの例》
    入稿デザイン ずれが発生した場合
    入稿デザイン ずれが発生した場合
  • ②2色の印刷の場合、版の組み合わせによるズレが発生する場合があります。
    フレキソ印刷で2色印刷をする場合、1色目の版と2色目の版を、順次的に印刷をすることになります。
    印刷をする際に、原紙が1色目から2色目の印刷へ移動する段階で若干の揺れが発生し、お客様から入稿して頂いたデザインの位置から左右上下のどちらかに若干のずれが発生する場合があります。
    ずれの印象をなるべく抑えるには1色目のデザインと2色目のデザインの幅に余裕をもたせてデザインすることをお勧めします。

  • 《2色印刷ズレの例》
    入稿デザイン ずれが発生した場合
    入稿デザイン ずれが発生した場合
  • 2.2色重ね印刷について
  • 2色を重ねて印刷をする場合、鮮明に印刷できず擦れやムラができる可能性あります。
    1.②番に紹介したようにフレキソ印刷は色毎に版を作って印刷することになります。
    フレキソ印刷は印刷されるスピードがすごく早いため、1色目のベタ印刷のインクが乾く前に2色目の色を印刷すると色の鮮明な表現ができず、擦れるか若干濁んだような色になってしまいます。
    デザイン的に2色が重なってしまう場合には下地の色はなるべく明るい色にして、その上に印刷する色は濃い色にすることをお勧めします。
    ただ、このようにして頂いても色の表現が意図していたもの程、表現できない可能性がありますので重なる部分のデザインを抜きにして頂くなどでデザインデータを作成して下さい。

  • 《2色重なった印刷例》
    入稿デザイン 色の混濁と版ずれが発生した場合
    入稿デザイン 色の混濁と版ずれが発生した場合

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順