現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

製作工程の案内

基本説明

一般の化粧箱の工程は「印刷→表面加工→後加工(箔など)(→ダンボール合紙)→トムソン→接着→仕上げ・梱包」になります。 貼り箱などは専用機械を使用するので一部工程が異なります。

製造工程

化粧箱製造工程
  • 印刷
  • 表加工
  • (ダンボール合紙)
  • トムソン
  • 接着・仕上げ
  • 梱包

印刷について

印刷は基本オフセット印刷で行います。箱の展開サイズ、数量、紙の厚さなどによってデジタルオフセットで印刷になる場合もあります。一般的に弊社で多く使用するのはKOMORI G40になります。

オフセット印刷機 デジタル印刷機
オフセット印刷機 デジタル印刷機

表加工について

表面の加工は無しで制作も可能ですが一般用紙の場合、表面加工することをオススメします。加工をしない場合、色移りや箱の表面にかすれが発生する可能性が高いからです。弊社で可能な加工は下記の内容をご確認ください。
弊社はPP加工を得意としており、安い価格で提供しておりますので是非お試しください。

OPニス(微光沢)

OPニス(微光沢)

一般的に多い表面加工で、印刷面を保護し色移りや色落ちなどを防ぎます。低コストで基本的な加工です。
プレスコート(光沢)

プレスコート(光沢)

ニスコートの一種で、ツヤPPより光沢感は80%くらいになりますがPPよりは低コーストでOPニスよりは耐久性に優れて環境にも優しい加工です。
ツヤPP(超光沢)

ツヤPP(超光沢)

ポリプロピレンフィルムを印刷面に圧着させる表面加工で、光沢に優れて加工面は水気にも強く耐久性も上がります。特に食品パッケージにオススメな加工方法です。
マットPP(マット)

マットPP(マット)

マットな仕上がりで落ち着いた高級な仕上がりになります。加工面は水気にも強く耐久性も上がります。ただ、背景に濃いベタ面がデザインされている場合、目立ちやすく短所もあります。

後加工について

  • エンボス加工
  • 箔加工
  • 箔の種類 (写真は下記の並び順です。)
    金箔(ツヤ有)・金箔(ツヤ消し)・銀箔(ツヤ有)・銀箔(ツヤ消し)
    青箔・赤箔・緑箔・銅箔・ホログラム箔(半透明)

    後加工は箔加工とエンボス加工などが可能で、
    箔加工は50×50mm以内でネット選択可能です。
箔加工-ゴールド 箔加工-ゴールドマット 箔加工-シルバー 箔加工-シルバーマット 箔加工-青色
箔加工-赤色 箔加工-緑色 箔加工-茶色 箔加工-ホログラム

ダンボール合紙について

  • ダンボール合紙
  • 弊社ではネットで1.5mm / 3mm / 4.5mm / 8mmのダンボール
    合紙が注文可能です。
    形状によって合紙できるダンボールの厚みが異なります。

トムソンについて

  • トムソン木型
  • 打ち抜きをする工程です。
    トムソン作業をするには木型(画像)が必要となります。
    初期費用として費用は掛かりますが再注文の際には再利用可能です。
    ダンボール合紙 ダンボール合紙 トムスン加工の特性上、わずかなつなぎ目が残る場合がございますので予めご了承ください。
    つなぎ目イメージ

接着について

形状によって接着面が異なります。接着は一般の糊接着になりますが数量によっては工業用両面テープで行います。

お電話でのお問合わせ先

050-8882-3727

平日10:00~12:30、13:30~17:00

(土日祝日休業)

e-mailでのお問合わせ先

平日10:00~12:30、13:30~17:00

(土日祝日休業)