現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールの発祥とは?ダンボールの現在や特性についてもご紹介

ダンボールは、私たちの生活の中でとても身近なものとして使用されていますが、その歴史や特性についてはご存じでしょうか。実は、ダンボールは150年以上も前から世界中で使われ続けています。

今回は、ダンボールの歴史や現在、特性について紹介します。

1.ダンボールの歴史

私たちの生活に馴染みのあるダンボールですが、その始まりは約150年以上も前だと言われています。ここでは、あまり知られていないダンボールの歴史をわかりやすく紹介します。

発祥はイギリス

ダンボールの発祥は19世紀のイギリスです。
この当時、英国紳士の間でシルクハットが流行していました。しかしシルクハットは、生地が分厚いため、蒸れやすい構造でした。そこで「E.C.ヒアリー」と「E.E.アレン」という人物は、「しわ付き紙」を開発します。しわ付き紙とは、通気性とクッション性を兼ね備えた波状に折った厚紙のことです。これをシルクハットの内側に取り付けることで、装着時の不快感を解消することに成功しました。このしわ付き紙が、ダンボールの始まりと言われています。
その後ダンボール(この段階ではまだ紙に段を付けただけの状態)は、アメリカで電球などを包む目的で使用されるようになりました。そしてダンボールは包装資材としての進化を続け、19世紀の終わりには現在使用されているダンボールの原型ができあがります。ダンボールの発祥はイギリスですが、包装資材としての発展にはアメリカが大きく関わっていたのです。

明治時代に日本初のダンボールが製造される

日本で初めてダンボールが製造されたのは明治時代に入ってからです。
ダンボール業界最大手、レンゴー株式会社の創業者である井上貞治郎が、1909年に初めて厚紙を貼り合わせたダンボールの製造に成功します。自らダンボール製造機械を考案し、ボール紙に段を付けた「繰りっ放し」という方法で製造されました。
井上貞治郎は「ダンボール」の名付け親であり、「国産ダンボールの父」とも呼ばれる日本のダンボールを語るうえでは欠かせない重要な人物です。

木箱からダンボールへ

それまでの包装資材といえば木箱が主流でした。しかし、第1次世界大戦や関東大震災の影響を受けて木材や鉄が不足すると、ダンボールへの需要転換が一気に進み、医療品・化粧品などの梱包や陶磁器の輸出用外装など、幅広く使用され始めます。
ところが、第二次世界大戦の空襲によりダンボール製造工場のほとんどが消失し、ダンボール産業は終焉を迎えました。しかし戦後、ダンボール業界はゼロからの再出発という状況でありながら、急速な発展を遂げることに成功します。このとき、内閣主導の「木箱からダンボールへの切り替え運動」が行われており、包装資材は従来の木箱ではなく、ダンボールを使用する時代へと変貌を遂げました。
さらに、1960年以降の高度経済成長期においては、経済の発展に伴ってダンボール産業も急激に成長し、生産量がほぼ毎年2桁成長を続けるほどの勢いでした。

2.ダンボールの現在

地球にやさしいダンボールに

これまで、ダンボールは主に利便性が重視され、大量生産・大量消費が当たり前となっていました。しかし、昨今の環境問題などから、現在では省エネや省資源を意識した開発・製造への取り組みが盛んに行われています。
また、ダンボールは「生産・輸送・利用・回収・再利用」というリサイクルシステムが整っているため、日本国内におけるダンボールのリサイクル率は95%以上にものぼります。ダンボールは、地球に優しい梱包材として私たちの生活を支え続け、今後もより進化していくことが期待されています。

ダンボールの生産量1位は関東地区

ダンボールの生産量は関東地区(群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川)が1位で、シェア率は約44%です。
ダンボール業界最大手、レンゴー株式会社の創業者である井上貞治郎が、1909年に初めて厚紙を貼り合わせたダンボールの製造に成功します。自らダンボール製造機械を考案し、ボール紙に段を付けた「繰りっ放し」という方法で製造されました。
以下では、地区別の順位・シェア率を紹介します。

  • 1. 関東:44%
  • 2. 近畿:18%
  • 3. 中部:13%
  • 4. 九州:9%
  • 5. 東北:6%
  • 6. 中国、四国:4%
  • 7. 北海道:3%

人口の多い地域ほど、ダンボールの生産量も多くなる傾向があります。

ダンボール業界の現在

ダンボール業界は現在、非常に厳しい状況にあります。販売価格の上昇が原因で、約6年程前から販売数が徐々に低下しているのが現状です。さらに、2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を大きく受け、生産量・販売量ともに前年を下回り、下降傾向が続いています。
コロナ禍での巣ごもり需要やインターネット通販による個人向けダンボールの需要は、比較的好調でした。しかし、経済活動が制限されたことにより、今まで大半を占めていた産業向けダンボールの需要が落ち込んだことが、下降傾向の原因と考えられます。
今後のダンボール業界の動向は不透明ですが、一つずつ課題を乗り越え、社会のニーズに応えたダンボールを生産し、人々の豊かな生活を支えてくれるでしょう。

3.ダンボールの特性

私たちの生活に必要不可欠な存在となっているダンボールですが、なぜここまで広く普及しているのでしょうか。ここでは、ダンボールの優れた特性を3つ紹介します。

常に衛生的

ダンボールは常に新品で衛生的です。使用されたダンボールは回収され、以下のような手順でリサイクルされています。

  • 1. 古いダンボールを「パルパー」という巨大な水槽の中でほぐして繊維状にする
  • 2. 「クリーナ」「リファイナ」などを使用して汚れや異物を取り除く
  • 3. 機材の上に原料を吹き出し、均一に広げて水分を絞り出す
  • 4. 「ドライヤパート」で乾燥させ、「カレンダ」表面をなめらかにする
  • 5. 「リワインダ」で原紙を一定の幅に切り、巻き直す

食品輸送時などに汚れてしまった不衛生なダンボールも新品に生まれ変わるので、いつでも清潔な状態で用できます。
また、ダンボール原紙の原材料は90%以上が使用済みダンボールであるため、「ダンボールはダンボールから生まれる」と言われるほど環境に優しい包装資材です。

内容物を保護

ダンボールは、内容物の保護に優れています。軽量でありながら優れた強度とクッション性を兼ね備えているため、柔らかいものや壊れやすいものなど、さまざまなものを梱包することが可能です。
また、しっかりと密閉させることで輸送中に異物が混入することを防ぎ、商品を安全に目的地まで届けます。

オーダーメイドで生産

ダンボールは、一つひとつオーダーメイドで作られています。中に入れる商品の種類・数量・大きさに合わせて自由に規格を変えられるのが特徴です。 具体的には、以下のような点を商品に合わせてカスタマイズしていきます。

  • ● ケースの寸法
  • ● 保護性能
  • ● 輸送効率
  • ● コスト削減
  • ● 印刷デザイン
  • ● 販売促進機能
  • ● 衝撃耐性
  • ● 安全性
  • ● 開封のしやすさ
  • ● 店頭での陳列作業の効率化
  • ● 使用後の廃棄のしやすさ

一見するとどれも同じように見えるダンボールですが、実は多方面において計算し尽くされているのです。そのため、ダンボールはあらゆるものの包装に適しています。
濡れても破れにくいダンボールや生鮮食品を適切な温度で管理できるダンボールなどがあります。今後、より快適な使用を実現できるダンボールの開発・製造も期待できるでしょう。

まとめ

ダンボールの歴史や現在の状況から、ダンボールが私たちのニーズに合わせて大きく変化してきたことがわかります。利便性に優れているだけでなく、あらゆる需要に合わせて作られるダンボールは、私たちの生活において必要不可欠な包装資材です。
今後も、より便利でより環境に優しいダンボールへと進化していくことは間違いないでしょう。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順