現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールで作るバーベキュー設備3選|キャンプでの活用方法6つも

既に何度もバーベキューを行ったことのある方は、一通りの道具を揃えているため、食材をはじめとした消耗品の購入のみで準備が済みます。しかし、初めてバーベキューを体験する場合は、道具の多くを新たに買い求めなくてはなりません。

買いに行く時間がない方や、予算的に厳しいという方におすすめのアイテムが、身近にあるダンボールです。ダンボールは持ち運びやすく加工しやすいため、バーベキュー設備を手作りすることができます。

当記事では、バーベキューはもちろん、キャンプでも役立つダンボールの活用方法を紹介します。

1.ダンボールで簡単に作れるバーベキュー設備3選

ダンボールを切ったり折ったり、他の使い捨てグッズと組み合わせたりすることで、下記のバーベキュー設備を手作りすることができます。下記の設備はキャンプ場やバーベキュー場で活躍する他、自宅の庭でアウトドア気分を味わいたいときにもおすすめです。

  • ピザ窯
  • スモーカー
  • ソーラークッカー

ここでは、上記3つのバーベキュー設備の特徴を、具体的な作り方とともに紹介します。

1-1.ピザ窯

ダンボール製のピザ窯は市販のピザを焼く他に、一から本格ピザを手作りして焼くこともできます。ダンボールでピザ窯を作成するための道具や手順は、下記のとおりです。

〇ダンボールでピザ窯を作成するときに必要な道具

  • ダンボール1枚
  • アルミホイル
  • アルミテープ
  • 空き缶(アルミ缶)4本
  • アルミ製のバット(アルミ皿で代用可)
  • 焼き網
  • 竹炭
  • 接着剤(のり・両面テープでも代用可)
  • カッター

ダンボールの大きさは、ピザ生地を置く焼き網に合わせましょう。2リットルペットボトルが6本入る程度のサイズがおすすめです。縦長のものは横に倒して使用します。

ピザ窯を手作りするときの基本の流れ
  • (1)ダンボールを解体し、内側にアルミホイルを隙間ができないよう接着剤で貼り付ける。
  • (2)ダンボールを組み立て、アルミテープで底面を閉じる。取り出し口用に、一方のフタは閉じずに開けた状態にしておく。
  • (3)ダンボールの外側も内側と同じようにアルミホイルを貼り付ける。
  • (4)空き缶に水を入れ、ダンボール内の四隅に置く。焼き網を上に乗せる。
  • (5)アルミ製のバットもしくはアルミ皿の中央に竹炭を盛り、焼き網の下に置く。

空き缶は安定性を出すため、水を重し代わりに入れます。砂利など燃えないものであれば、水以外でも問題ありません。

1-2.スモーカー

スモーカーは食材を燻製したいときに使用する設備です。ベーコンやソーセージ、チーズやゆで卵など、好みの食材で燻製を楽しむことができます。ダンボールでスモーカーを手作りするための道具と手順は、下記のとおりです。

〇ダンボールでスモーカーを作成するときに必要な道具

  • ダンボール1枚
  • 焼き網2~3枚
  • バーベキュー用の串4本(太目の針金で代用可)
  • スモークウッド
  • アルミ皿
  • 金属製の鍋敷き(平な石で代用可)
  • ガムテープ

アルミ皿を直接ダンボール上に置くと、高温でダンボールが焦げるおそれがあるため、金属製の鍋敷きや平らな石を土台として利用します。アルミ皿の代わりに小型のバーベキューグリルを使用する方法もおすすめです。

スモーカーを手作りするときの基本の流れ
  • (1)ダンボールを縦長になるよう置き、底面はガムテープで閉じる。
  • (2)ダンボールの側面からバーベキュー串を刺す。2本で焼き網を支えるよう、平行で刺す。同様に3本目・4本目を刺して2段目を作成する。
  • (3)バーベキュー串の上に焼き網を乗せ、ダンボールの底にスモークウッドを乗せたアルミ皿と金属製の鍋敷きを置く。

使用時は煙が逃げないよう、ダムテープでしっかりとフタを閉じることがポイントです。

1-3.ソーラークッカー

ソーラークッカーは、竹炭や火種がなくても食材を焼くことのできる設備です。3時間程度かけると、焼きリンゴを作ることもできます。ダンボールでソーラークッカーを手作りするための道具と手順は、下記のとおりです。

〇ダンボールでソーラークッカーを作成するときに必要な道具

  • 解体したダンボール1枚
  • アルミホイル
  • 接着剤
  • 布製のガムテープ
  • 割りピン2本
  • カッター

ソーラークッカーはピザ窯やスモーカーと異なり、若干複雑な工作となります。

ソーラークッカーを手作りするときの基本の流れ
  • (1)解体したダンボールを縦に三等分に折り、2本できた折れ線のうち、1本のみを切り離す。
  • (2)2枚のダンボールの内側に、それぞれアルミホイルを隙間がないよう貼り付ける。
  • (3)端や切り込み部分を布製ガムテープで保護し、切り離したほうは巻いて丸みをつける。
  • (4)もう一方のダンボールは折れ線部分の両端に13.5cmの切り込みを入れ、折り曲げる。
  • (5)丸みをつけたダンボールの両端を(4)のダンボールの両端に割ピンで固定する。

ダンボール内のアルミホイルが太陽光を反射できるよう、直角ではなく浅めに折り曲げることがポイントです。

2.バーベキュー・キャンプでのダンボール活用法6選

ダンボールはバーベキュー設備など火を使うための道具としてはもちろん、下記の用途や場面でも役立つ万能アイテムです。

  • ゴミ箱
  • 焚き付け
  • 食材置き場
  • 包丁サック
  • サブマット
  • ダンボールテント

ここでは、上記6つのダンボールを活用する方法について解説します。

2-1.ゴミ箱

野生動物の多い場所でバーベキューやキャンプをする場合、野生動物にゴミを荒らされたり、ゴミを置き忘れたりするケースがあります。

しかし、ダンボールでゴミ箱を作成しておくことで、容易にゴミを荒らされることも、ゴミが風で飛ばされて置き忘れてしまうこともありません。ビニール袋をセットしておくと、より使い勝手が良くなるでしょう。

大人数でバーベキューやキャンプを楽しんだときは、片付けの手間を省くこともできます。

2-2.焚き付け

バーベキューで初心者が遭遇する可能性の高いトラブルが、焚き付け(火起こし)に時間がかかることです。ダンボールを活用すると、火がつきにくい竹炭や薪も容易に焚き付けできます。

ダンボールを焚き付けに使用する場合、2つの方法があげられます。

  • ダンボール自体を使用する方法
  • リップクリームをダンボールに塗る方法

紙製のダンボールは燃えやすいため、適度な大きさに切って丸めるのみで、焚き付けに使用できます。燃えにくいときは、リップクリームを表面に塗りましょう。

リップクリームは石油由来のワセリンが主原料となっており、ダンボールに塗ると更に燃焼性を上げてくれます。

2-3.食材置き場

ダンボールは丈夫で適度な吸湿性があるため、食材置き場としても活用できます。

例えば、車でキャンプ場やバーベキュー場へ向かう場合、一般的な買い物袋に食材を入れておくと、悪路を走行したときに散乱する可能性があります。

しかし、ダンボールに食材を入れて置くことで、車が多少揺れても食材が飛び出ることがなくなります。また、ダンボールは積み重ねて置けるため、一度に大量の食材を持ち運んだり保管したりできます。

更に、キャンプ場やバーベキュー場では食材置き場として活用できる他、調理器具やバーベキュー器具の置き場所としても役立つでしょう。

2-4.包丁サック

キャンプ場やバーベキュー場で肉などの具材をカットするために、包丁を持ち込む必要があります。果物ナイフなど小型のものであればサックが付属していますが、料理用の包丁は一般的に専用サックが付属しません。

このようなときも、ダンボールが便利です。包丁をダンボールで包むと厚みと丈夫さが出るため、刃の部分をしっかりと保護してくれます。

2-5.サブマット

大自然の中でテントを張ったりレジャーシートを広げたりしても、地面の砂利が気になってくつろげない方は少なくありません。

地面の砂利が気になる方は、ダンボールをサブマットとして活用することがおすすめです。ダンボールの適度な厚みが、砂利の凹凸を軽減してくれます。テントやレジャーシートの下にダンボールを敷くのみであるため、大々的な加工も必要ありません。

大きめのダンボールが見つからないときは、複数枚をつなげて使用しましょう。気温が低い時期は敷くダンボールを複数枚重ねると、地面からの冷気を軽減するメリットもあります。

2-6.ダンボールテント

ダンボールは高い断熱性を持っているため、寝袋として活用したり、テントを作成したりすることもできます。また、簡易テーブルなどキャンプ道具も作成できます。

子どもと一緒にバーベキューやキャンプを行うときは、ダンボールテント作りに挑戦してはいかがでしょうか。ダンボールは箱のまま積み重ねられる他、1枚に広げて大きな壁を作ることもできるため、子どもたちの好奇心や創作意欲を刺激するでしょう。

まとめ

バーベキューを楽しむためには、さまざまな道具を揃えなくてはなりません。また、本格的なものは重量やサイズがあり、持ち運びも困難です。

このようなときは、ダンボールでバーベキュー設備を手作りしましょう。当記事で紹介したピザ窯・スモーカー・ソーラークッカーの他にも、ダンボールに簡易的な加工を施すことで多種多様な設備や道具を作成できます。

既に本格的な道具を揃えているアウトドア派の方も、いざというときのアイテムとして、ダンボールを荷物に加えてはいかがでしょうか。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順