現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールのまとめ方とは?便利グッズから処分方法まで

引越しやインターネットでの買い物により、ダンボールが家に溜まってしまっている方も多いのではないでしょうか。

不要なダンボールを放置しておくと、部屋のスペースを取ってしまうだけでなく、部屋の汚れの原因にもなってしまいます。さらに、処分する際は解体する必要があり、手間がかかるため処理が面倒に感じる方も多いでしょう。

当記事では、解体したダンボールのまとめ方について解説します。ダンボールの縛り方からまとめるときに便利なグッズ、捨てるときの方法まで詳しく紹介するため、ダンボールのまとめ方や具体的な縛り方について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.ダンボールの縛り方は3種類

ダンボールは、紐などで縛ってまとめることが一般的です。

ダンボールの縛り方は多種多様で、縛り方によってはほどけやすい場合があります。そのため、ダンボールをまとめる際は、ほどけにくい方法で縛ることが重要です。

ほどけにくいダンボールの縛り方は、大きく分けて3種類あります。
ここでは、それぞれの縛り方を解説します。

1-1.キの字縛り

キの字縛りは、小さいダンボールや大きさがバラバラのダンボールをまとめて縛ることができます
持ち上げたときにバラバラになりにくいため、大量のダンボールをまとめる際にもキの字縛りはおすすめな縛り方といえます。

キの字縛りの手順は、下記のとおりです。

  • ①ダンボールの長辺を横にして床に置く
  • ②長辺の端から3分の1ほどの所に、下から紐を通す
  • ③紐の両端をダンボールの上でクロスさせる
  • ④クロスさせた紐の片方(長いほう)をダンボールの反対側3分の1くらいの位置に持っていき、そのまま下から紐を通して上に持ってくる
  • ⑤上に持ってきた紐を、ダンボール上にある紐にクロスさせる
  • ⑥⑤でクロスさせた紐と反対の紐を強く引っ張る
  • ⑦ダンボールを裏返し、それぞれの紐を縛って完成

縦と横の紐をクロスさせるのを繰り返すことで、より強固に結ぶことが可能です

1-2.4の字縛り

4の字縛りでも、大量のダンボールを簡単に縛ることができます。
時間がない朝など、急いでまとめたいときに適した縛り方です。

4の字縛りの手順は、下記のとおりです。

  • ①床に紐で4の字を作る
    ※ダンボールの大きさによって4の字の大きさも変わるため、大きいダンボールをまとめる際には大きな4の字を作る
  • ②紐の短いほうは4の右側に、紐の長いほうは4の下の部分に来るように配置する
  • ③4の斜めの部分にダンボールを入れる
  • ④4の右端を③で作った逆L字に引っ掛けて通し、強く引っ張る
  • ⑤4の下の部分と④で通した紐を固く結び、余分な紐をカットして完成

4の字縛りはスタンダードな縛り方で、キの字縛りよりもシンプルな縛り方であるため、覚えやすいでしょう。

1-3.十字縛り

十字縛りも、4の字縛りと並んでスタンダードな縛り方です。

十字縛りの手順は、下記のとおりです。

  • ①紐をダンボールの後ろで交差させ、前に持ってくる
  • ②前に持ってきた両方の紐を、すでに縛ってある紐の下からくぐらせる
  • ③一度強く引っ張ってから、ちょうちょ結びや真結びなどで仕上げる

十字縛りは、4の字縛りのようにダンボールの大きさによって調整する必要がないため、もっともシンプルな縛り方といえるでしょう。

2.ダンボールをまとめるときにおすすめの便利グッズ

ダンボールをまとめるときに、道具は使わないという方もいるでしょう。道具を活用することで、手早くダンボールをまとめることができます。

ここでは、特におすすめのグッズを2つ紹介します。

◯ハンディラップ

ハンディラップは伸縮性がある上、ラップ同士がくっつく仕様になっているため、新聞や雑誌などの古紙類をまとめるのにも役立ちます。

軽く引っ張りながらダンボールの周りに巻くだけでダンボールをまとめられ、ガムテープのようにベタベタしない点もポイントです。

◯ダンボールストッカー

回収日までの収納場所について困ったときにおすすめのグッズが、ダンボールストッカーです。名前のとおりダンボールをストックできる道具で、かさばりがちなダンボールをスッキリと収納することができます。

また、下から紐を通してまとめられるようになっているなど、まとめる際も楽にできるよう工夫されています。そのため、床に広げて縛るよりも簡単に、素早くダンボールをまとめることが可能です。

この他にも、さまざまな便利グッズが販売されています。ダンボールをまとめる際は、ぜひ便利グッズを活用してください。

3.ダンボールを捨てるときの方法

ダンボールを捨てる方法には、ゴミステーションに出す方法と、古紙回収業者や不要品回収業者に頼む方法の2つがあります。
ここでは、それぞれの方法を紹介します。

◯ゴミステーションに出す

1つ目は、自宅近くのゴミステーションに出す方法です。
ゴミステーションは「資源ゴミ」「古紙」「紙類」といった呼び名で区分されています。自治体によってはダンボールのゴミ区分が異なるため、注意が必要です。

資源ゴミの場合、回収場所や曜日が普段のゴミ出しと異なるケースがあります。
また、回収頻度についても、月1回や月2回など、それぞれの地域によって異なります。

区分・回収場所・回収頻度については、事前に自治体の情報を確認しておきましょう。自治体から配られるゴミの分別に関するパンフレットやホームページで確認することが可能です。

ゴミステーションが常設されている地域では、指定時間内であればいつでもダンボールを回収してもらうことができます。

◯古紙回収業者を利用する

2つ目は、古紙回収業者に依頼する方法です。
古紙回収業者は、自宅に直接訪ねて不要品を運び出してくれるため、自分でダンボールをまとめる必要がありません。そのままの状態で業者に預けることができるため、大量のダンボールを一気に処分したい場合に適しています

ただし、無料で利用できるゴミステーションとは異なり、古紙回収業者は料金がかかります
事前に見積もりを行い、どのくらいの費用が必要になるのかをしっかり確認してから依頼しましょう。

4.ダンボールが必要な場合はユーパッケージまで

今回はダンボールのまとめ方や処分方法について解説しましたが、ダンボールはあるとき急に必要となる可能性もあります。
近所のスーパーやコンビニなどでもらうこともできますが、必要なサイズのダンボールがすぐに手に入る保証はありません。

ダンボールをすぐに入手したい場合は、ユーパッケージがおすすめです。
ユーパッケージはダンボール専門の通販サイトで、サイズや色、形などさまざまなダンボールを取り扱っています。

欲しいサイズのダンボールを見つけられる上、小ロットからでも注文することが可能など、欲しいときに欲しい分だけで注文することができるため、引越しの際にも適しています。

まとめ

ダンボールはものを収納できるだけでなく、不要になった際は畳むだけですぐ捨てることができます。また、フリマサイトなどで商品を発送する際の梱包にも活用できるため、通販を利用した際に届いたダンボールをそのまま保管している方も少なくありません。

収納や梱包に便利なダンボールは、大きさや保管数によっては、部屋の大部分を占領します。そのため、定期的にダンボールをまとめたり、捨てたりすることが大切です。

ダンボールをまとめる場合、強固かつ簡単にできる十字縛りがおすすめです。また、便利グッズを活用することで、細かい作業が苦手な方でも簡単にダンボールをまとめることができます。

ゴミステーションにダンボールを捨てる際は、自治体のホームページにて事前に区分や回収時間などを確認しておきましょう。また、古紙回収業者に依頼する際も、どのくらいの費用が必要となるか、事前に見積もりをとっておくことがポイントです。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順