• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールの反りが生じる原因とは?おすすめの保管方法まで

ダンボール箱やダンボールシートを使おうと取り出したとき、反りが生じていて使用できなかったという方も多いでしょう。とくに梅雨の季節を越したり、長く保管していたりするダンボールは、大きく反っていることも少なくありません。

ダンボールの反りはやっかいな現象といえますが、対策をすることで反りを防ぐことが可能です。

そこで今回は、ダンボールの反りが生じてしまう原因を解説します。おすすめとなる保管方法も解説するため、ダンボールの反りを回避したい方は参考にしてください。

1.ダンボールの反りが起こる原因

ダンボールに反りが生じると、箱の寸法が変わって本来の目的に使えないケースもあります。ダンボールの反りは、段ボール工場や販売会社にとっても厄介な問題です。

実際に反りが生じてしまう原因を把握し、対策をすることで、反りを回避することが可能となります。

ここでは、ダンボールの反りが起こる原因と、反りを防ぐための対策を紹介します。

1-1.原因は?

ダンボールの反りが起こる原因は、湿気を吸うと紙の繊維が膨らむことにあります。

ダンボール原紙は、古紙とバージンパルプを主原料に加工した紙製品です。紙は吸湿性が高く、繊維の水分率が大きくなると、繊維の向きに対して垂直方向に膨らんで伸びる性質を持っています。
ダンボール原紙から作られているダンボールも、水分の影響で繊維が伸びる点は共通しているため、繊維の膨らみが反りに繋がってしまいます。

1-2.反りを防ぐための対策

ダンボールの反りを防ぐ対策は、主に以下の3つがあります。

〇湿気が出る場所に置かないこと
ダンボールの反りは湿気が原因であるため、湿気が出る場所に置かないことが、一番の反り対策となります。温度差で結露する窓際はもちろん、床面の直置きや水道管の水滴・水蒸気の当たる場所も注意してください。

ただし、過度に乾燥している環境も、ダンボールの保管場所としては適していません。乾燥しすぎたダンボールは、折ったときに表面のライナーが千切れる、ケイ割れと呼ばれる現象が起こりやすくなります。

〇保管するときは斜めに立てかけないこと
ダンボールは壁などへ斜めに立てかけず、真っ直ぐ立てて保管してください。斜めに立てかけたダンボールは曲がりが起きやすくなるため、湿気の少ない場所でも反りが生じてしまいます。

〇シートの表裏や上下を時々交換すること
ダンボールを同じ向きのまま保管しておくと、片面のみ湿気を吸って、反りが大きくなるケースがあります。とくに複数枚のダンボールを保管する場合、窓際や床に面している部分が湿気を吸いやすいため、ダンボールの表裏や上面・下面を時々交換してください。

2.ダンボールのおすすめ保管方法3選

ダンボールの反りを起こさないためには、適切な保管方法を実施する必要があります。

しかし、ダンボールは倉庫や物置に剥き出しで置かれるケースが多いため、わざわざ保管環境を整えることも簡単ではありません。

ここでは、ダンボールの反りを防いで保管したいときに実践できる、おすすめの保管方法を3つ紹介します。

2-1.段ボールストッカーを利用する

段ボールストッカーは、畳んだダンボールやシートを垂直に立てた状態で保管できる、段ボール専用の収納ケースです。側面にダンボールの転落を防止するフレームや柵がついており、サイズが異なるダンボールを一つにまとめて保管できます。キャスター付きの製品がほとんどであり、ダンボールを乗せたまま移動することも簡単です。

段ボールストッカーは、保管するダンボールの数量にあわせて選びましょう。ダンボールストッカーの収納容量が小さすぎると不便であり、逆に大きすぎるとダンボールを斜めに立てかけることになってしまいます。

2-2.梱包フィルムで保管する

梱包フィルムも、ダンボールの保管に便利なアイテムです。梱包フィルムは伸びやすく、ダンボールの周囲にぐるぐる巻くと、フィルム同士が結束します。

梱包フィルムのメリットは、大きさの異なるダンボールも結束して保管でき、一つにまとめて持ち運べる点です。全体を包むように巻いて、ホコリや傷からダンボールを保護する使い方もできます。

2-3.広げて保管する

ダンボール箱を保管する際に広げて保管する方法は、多くの方が行っているのではないでしょうか。ダンボール箱は広げることで厚みも少なくなり、少しの空間で保管できます。保管の際に特別なアイテムを必要とせず、必要になったら取り出してすぐに組み立てられる点がメリットです。

ただし、段ボールストッカーや梱包フィルムのように、大量なダンボールの保管には向いていません。ダンボールのシート数が少なく、早い段階で使用する場合に適した保管方法です。

3.ダンボールは放置しないことが重要

ダンボールは、商品梱包や収納・保管など、さまざまな用途で便利に使われています。しかし、ダンボールを長期間放置することは望ましくありません。

とくに収納や保管など、長期間放置しやすい使い方をするときは注意が必要です。

ここでは、ダンボールの長期間放置を避けるべき理由と、管理上の注意点を解説します。

3-1.ダンボールは害虫が好む場所

ダンボールは吸湿性があるだけでなく、保温性・保湿性にも優れていることが特徴です。湿気があって温かい場所は、害虫が好みやすいため、虫がわかないように注意しなくてはなりません。

また、ダンボールを収納・保管する場所も注意が必要です。ダンボールの保管場所は、倉庫や物置・押し入れが多いのではないでしょうか。空気の通りが少ない場所は、ホコリが積もりやすいだけでなく、カビ・ホコリを食べるダニも好む環境です。さらに、ゴキブリやクモはダニが好物であり、ダンボールの隙間に巣を作って繁殖する可能性もあります。

3-2.ダンボールはこまめに確認

ダンボールを害虫まみれにしないためには、こまめに確認することが重要です。ダンボールが濡れていたり、汚れが付着していたりすると、害虫が発生しやすくなります。収納・保管に使っているダンボールは、中身の収納物を守るためにも、こまめに確認を行ってください。

長期間放置しているダンボールがある場合は、新しいダンボールを用意することがおすすめです。ただし、保管場所に害虫が住み ついている可能性もあるため、新しいダンボールに替える前に掃除も行いましょう。保管場所の掃除と空気の入れ替えを定期的に行うことで、ダンボールを良好な状態に保つことができます。

4.ダンボールの弱点を使ったおもしろい活用方法

紙から作られているダンボールは、湿気を吸いやすいことが弱点です。しかし、ダンボールの吸湿性を利用して、湿気取りとして活用する方法があります。家の中で湿気が溜まりやすい場所に、ダンボールを敷いてみましょう。

おもしろい活用方法には、以下の3つの例があります。

〇押し入れ
押し入れを布団の収納場所にしている方は、布団を置く場所の下にダンボールを敷いてください。ダンボールが布団から放出される湿気を吸い取り、押し入れ全体の湿度を低く抑えます。

〇引き出し
洋服タンスの引き出しや収納ケースの中も、湿気が溜まりやすい場所です。引き出しの一番下にダンボールを敷き、その上に衣類を収納することで、ダンボールが湿気を吸ってくれます。

〇家具の隙間
ベッドと壁の隙間や、本棚と本棚の間にダンボールを挟むことで、除湿効果が期待できます。家具の隙間をダンボールで埋めるとほこりが積もりにくくなるため、掃除も簡単です。

ダンボールを湿気取りに活用する注意点として、湿ったダンボールは害虫がわきやすくなっています。湿気を吸ったダンボールは天日干しで乾かして、3ヵ月くらいを目途に新しいダンボールと交換しましょう。

まとめ

ここまで、ダンボールの反りが生じてしまう原因と、おすすめの保管方法を解説しました。

ダンボールは便利な面も多い一方、保管には注意しなければなりません。今回紹介した反りを防ぐ対策と、保管方法をしっかりと実践することで、反りを防ぐことができます。

ダンボールはただ物を保管するだけでなく、さまざまな用途でも使用できるため、うまく活用しましょう。

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。

A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。

たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。

持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。

ポスター用箱 組み立て手順