現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールサイズの測り方|発送時と購入時の注目ポイント

ダンボール箱を購入する際は、梱包物の大きさに合わせてダンボールサイズを選びます。しかし、ダンボール箱には外側・内側があるため、メジャーでどこのサイズを計測すべきか分からない人も多くいるでしょう。
運送サービスによっては140サイズ・120サイズなどと表記されていることも混乱の要因です。

今回は、ダンボールサイズの測り方や単位を分かりやすく解説するとともに、ダンボールを購入・荷詰めして発送する際のポイントを紹介します。

1.ダンボールサイズの測り方の基本は「長さ×幅×深さ」

ダンボールサイズは、ダンボールを箱状に組み立てて採寸を行い、箱寸法の3辺を「長さ×幅×深さ」で表記します
まず、蓋を上面とした状態で、底面までの距離が「深さ」です。残る2辺のうち、長い辺が「長さ」、短い辺が「幅」となります。会社によっては「横×縦×高さ」と表記していることもありますが、意味は同じです。

ダンボールサイズの単位は、「mm」で表記されます。たとえば3辺が長さ60cm・幅40cm・深さ30cmのダンボールサイズは、「600×400×300mm」です。

ダンボールサイズの測り方には、外寸法・内寸法・実寸法と3種類の方法があります。それぞれの特徴を見てみましょう。

  • 外寸法
    ダンボール箱の外側を採寸して、「長さ×幅×深さ」を計測します。ダンボールサイズから発送時の送料を算出する時に必要となる数字です。
  • 内寸法
    ダンボール箱の内側を採寸して、「長さ×幅×深さ」を計測します。梱包したい荷物がダンボール箱に入るか、確認したい時に必要となる数字です。ダンボールには厚みがあるため、内寸法のサイズは外寸法の数字よりも小さくなります。
  • 実寸法
    ダンボール箱に梱包したい対象物の大きさを測り、「長さ×幅×深さ」で表記します。内寸法と実寸法で計測したサイズを比較して、実寸法の方が小さければ、箱に梱包することが可能です。

ダンボール販売サイトでは、基本的に外寸法で計測した箱のサイズを販売基準としています。そのため、ダンボールサイズは外寸法を基準にして考えましょう

1-1.〇〇サイズの〇〇は「長さ+幅+深さ」の区切り

ダンボールの通販サイトや、宅配便・宅急便の料金表には、140サイズ・120サイズなど〇〇サイズと記載されています。
ダンボールの〇〇サイズとは、「梱包したダンボールにおける長さ+幅+深さの合計が〇〇cm以内に収まる」ことを示す表記です
10cm・20cm刻みの区分により価格帯を決めることで、サイズの誤差を気にするケースが少なくなり、運賃計算や見積りがしやすくなります。

たとえば長さ50cm・幅38cm・深さ30cmのダンボールは、「長さ+幅+深さ」が118cmとなり、120サイズです。長さ・幅が同じで深さ40cmのダンボールは、「長さ+幅+深さ」が128cmとなり、140サイズとなります。

2.ダンボールで荷物を発送する際のポイント

ダンボールサイズが分かると、商品や荷物を梱包するための正しいダンボール選びができます。ただし、ダンボールで荷物を発送する際は、荷物の詰め方や梱包時のテープ貼りにも注意しなければなりません。
ここからは、それぞれの作業におけるポイントと注意点を紹介します。

2-1.荷物を詰める際はある程度の隙間も必要

ダンボールに荷物を詰める際、箱の内寸ぴったりに隙間なく詰める人も多くいるでしょう。隙間はない方が送料の無駄を抑えられるものの、隙間を作らない詰め方は大きな問題があります

集荷・配送中のダンボールは、トラック積み上げ・積み下ろしや走行時の振動など、さまざまな衝撃が加えられています。ダンボール内に荷物が隙間なく詰まっていると、衝撃が荷物に直接伝わってしまいます。
中の荷物が傷ついたり破損したりする恐れがあるため、おすすめできません。
ダンボール内寸と荷物の間には、緩衝材を入れる隙間ができる状態がベストです

ただし、ダンボール内寸と荷物の隙間は、大きすぎても良くありません。
隙間が大きいと詰める緩衝材が多くなったり、緩衝材を詰めても箱内部で動いてしまったりします。緩衝材を少し挟めばぴったりフィットさせられるため、内寸と荷物の隙間は3~5mm程度がおすすめです。

2-2.底抜けしないようにしっかりとテープを貼る

ダンボールは平たい板状から箱まで組み立てるため、蓋と底面にテープを貼って補強する必要があります
テープの貼り方はさまざまな方法があるものの、ダンボールの合わせ目を塞ぐように貼る「一本貼り」は補強効果が期待できず、中身の重さで底抜けする可能性があるため注意してください。

ダンボールの梱包時は、以下で紹介するテープの貼り方が有効です。

  • 十字貼り
    「一本貼り」の状態からテープ1本を追加して、底面中央で垂直に交わるよう、十字に貼る方法です。底面の合わせ目が縦横2本のテープで補強されるため、中身の重さによる底抜けが起こりにくくなります。
  • キ貼り
    「一本貼り」の状態からテープ2本を追加して、2本のテープが「キ」の形になるよう、垂直に交わらせて貼る方法です。3本のテープで補強するため十字貼りよりも強度が高くなり、本や食器など重量がある荷物の梱包時に役立ちます。
  • 米字貼り
    「十字貼り」の状態からテープ2本を追加して、底面中央でもう1つの十字を作るように
    貼る方法です。貼ったテープが「米」の形となります。底面中央が4本のテープで補強されるため底抜けの心配が少なく、精密機器や壊れ物を梱包する際におすすめの貼り方です。
  • H貼り
    「一本貼り」の両端にテープ2本を追加して、テープが「H」の形になる貼り方です。H貼りは合わせ目の隙間をしっかり密閉できるものの、補強効果としては通常の一本貼りと変わりありません。
    H貼りで底抜けを防ぐためには、さらにテープを追加して十字貼り・キ貼りも併用しましょう。

3.ダンボール購入時にはサイズ以外にも注目!

ダンボールの購入価格を決める大きなポイントは、ダンボールサイズや箱のタイプです。
しかし、ダンボールの原材料に関わる材質・ベースカラーや、フルートの構成も価格に影響を与えます。
最後に、フルートの構成と材質・ベースカラーの違いにより、価格がどのように変化するかを紹介します。ダンボールを購入する際の判断基準として、ぜひ役立ててください。

3-1.フルートの構成

フルートとは、ダンボールの中芯に見られる波状加工のことです。フルートの構成は主に以下の種類があり、種類の違いによってシートの厚みが異なります。

種類 シートの厚み
Aフルート 約5mm
Bフルート 約3mm
Eフルート 約1.5mm
ABフルート 約8mm

シートの厚みが大きくなると、使用する中芯原紙の量が増えます。そのため、フルートの構成によって、コストが大きく変わる点に注意してください

ダンボールを注文する場合、Bフルート・Eフルートの間には価格差がそれほどありません。しかし、AフルートはBフルート・Eフルートの約1.2~1.5倍、ABフルートはAフルートの約1.5倍も価格が高くなります。

3-2.材質・ベースカラー

ダンボールは、ダンボール原紙と呼ばれる原材料から作られています。ダンボール原紙は、主にC5・K5・K6と3種類の材質があり、ダンボールの強度に影響を与えるポイントです。それぞれの特徴と価格に与える影響は、以下の通りとなっています。

材質/C5
原材料のバージンパルプ使用量 少ない
強度
価格 安い
材質/K5
原材料のバージンパルプ使用量 C5より多い
強度
価格 C5より高い
材質/K6
原材料のバージンパルプ使用量 K5より多い
強度
価格 K5より高い

原材料中のバージンパルプ使用量が多くなると、ダンボール1枚あたりの生産コストがアップします。そのため、バージンパルプ使用量が少ないC5は最も安価で、3種類の中で使用量が最も多いK6は高価です。

また、ダンボール表面のライナーは、ベースカラーを以下の色から選択できます。

  • 薄い茶色
  • 濃い茶色
  • 白色

薄い茶色は、国産ダンボールで一般的な「クラフト色」と呼ばれることもある色です。対して、濃い茶色は赤みがかった高級感のある色合いとなり、白色は化粧箱に適した外装となります。
価格としては、薄い茶色が最も安く、濃い茶色と白色はわずかに高くなることが特徴です

まとめ

ダンボールサイズは、箱の3辺を「長さ×幅×深さmm」で表記しています。サイズの測り方は、ダンボール箱の外側を採寸する外寸法が一般的です。ダンボールサイズの測り方が分かることで、必要となるダンボールを正しく注文できます。

ダンボールの価格は、サイズだけでなく、フルートの構成や材質・ベースカラーにも影響される点に注意してください。荷物を発送する際における荷物の詰め方や、テープの貼り方も考えて、ダンボールを正しく使用するようにしましょう。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順