現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

段ボールの中芯の特徴|芯を選ぶ際に重視すべきポイント

普段何気なく使用される段ボールは、さまざまな要素で構成されています。構成要素の組み合わせによって段ボールの性質が変わるため、各要素の特徴を知ることが大切です。

特に中芯と呼ばれる要素は、段ボールの性質に大きな影響を与えます。もし中芯の特徴を知らなければ、用途に合わない段ボールを購入してしまうことにもなりかねません。

そこで今回は段ボールの中芯について詳しく解説します。段ボールの特徴について知りたい人や、段ボールの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.段ボールはどのような構造になっているの?

段ボールは「ライナー」「フルート」「中芯」の3要素で構成されます。それぞれの特徴は以下の通りです。

▼ライナー

ライナー(紙質)は、段ボールの表面を形成する紙のことです
ライナーには表ライナーと裏ライナーがあり、その間に「中芯」が接着されている状態が、段ボールの基本的な構造です。

ライナーは1平方メートルあたりの重量によって、いくつかの種類に分けられます。

呼称 1平方メートルあたりの重量
K7 280g
K6 210g
K5 170g
C5 160g

ライナーは重量が大きくなるほど、強度も上がります。段ボールの用途に合わせて、適切なライナーを選択することが一般的です。

▼フルート

フルートは、ライナーと中芯を合わせたときの「厚さ」を表す言葉です。基本的には段ボール自体の厚みのことを指しますが、中芯の高さのみを指す場合もあります。
フルートの厚みによって、段ボールに適した用途が決まります。

▼中芯

中芯とは、ライナーに接着されている波型の紙のことです
中芯の高さによって段ボールの強度が変わるため、段ボールの構造においてとても大切なパーツであるといえます。

1-1.中芯とフルートの関係性

中芯の高さが変われば、フルートの厚さも変わるため、両者には密接な関係性があるといえます。以下は、中芯とフルートの関係性を表した表です。

フルートの種類 Aフルート
厚さ(中芯の高さによって変動) 約5mm
中芯の波型数 30cm内に34±2個
概要 一般的によく使われる段ボール
フルートの種類 Bフルート
厚さ(中芯の高さによって変動) 約3mm
中芯の波型数 30cm内に50±2個
概要 内装箱や小さいもの・軽いものの梱包に使われる段ボール
フルートの種類 BAフルート
厚さ(中芯の高さによって変動) 約8mm
中芯の波型数 30cm内に34±2個と
30cm内に50±2個
概要 AフルートとBフルートを貼り合わせ、強度を高くした段ボール
フルートの種類 Eフルート
厚さ(中芯の高さによって変動) 約1.5mm
中芯の波型数 30cm内に95±5個
概要 ギフト箱などの個装箱によく使われる段ボール

中芯の高さが変われば、フルートの種類も変わり、段ボールの用途にバリエーションをもたらします。中芯は段ボールの用途を決める大切な役割を担っているといえるでしょう。

2.段ボールを構造する上で重要な「中芯」の特徴

段ボールを構造する上で、中芯はとても重要な役割を持つパーツです。中芯の性質しだいで、段ボールの性質も大きく変わります。
ここでは中芯の強度が重量によって変わることや、段繰率(使用率)について解説するため、中芯についてより詳しく知ることができるでしょう。

2-1.強度(重量)

中芯の強度は重量に大きく左右されるため、まずは中芯によく見られる重量をいくつか確認してみましょう。
中芯によく見られる重量には、以下のようなものがあります。

【中芯によく見られる重量の例(1平方メートル当たり)】

  • 120g
  • 160g
  • 180g
  • 強化180g
  • 強化200g

1平方メートルあたり、120gの中芯を使用することが一般的です。
また、180gと200gの箇所に「強化」という文字がありますが、これは薬剤で中芯を硬く強化した「強化芯」であることを意味します
強化芯にすることによって、重量が変わるわけではありませんが、通常よりも硬い中芯となるため、丈夫な段ボールを作ることが可能です。

中芯の重量が大きいほど、段ボールの厚みも増えるため、強度が高くなります
重いものが入る段ボールを作りたいときは、重量の大きい中芯を選びましょう。

2-2.段繰率(使用率)

段繰率(使用率)とは、「ライナーの紙の長さに対する中芯の紙の長さの比率」のことをいいます。

中芯の紙は折り返されて波型となっているため、ライナーと中芯の長さがぴったり合う段ボールを作ろうとすれば、あらかじめライナーよりも長い紙を用意しなければなりません。

中芯の紙がライナーの紙に対してどれくらい長くなるかは、フルートの種類ごとに規格で定められています。
以下は、代表的なフルートの段繰率です。

フルートの種類 段繰率(使用率)
Aフルート 約1.6
Bフルート 約1.4
Eフルート 規定無し

例えばAフルートの場合、段繰率は約1.6です。そのため、もしライナーの長さが1mだった場合、中芯の紙は1.6m分用意すればよい計算となります。

Eフルートに関しては、明確な規定はありませんが、約1.2の段繰率となることが一般的です。

段繰率を駆使することで、中芯に使われる紙の長さを素早く算出することができます。

3.中芯を選ぶ際に重視すべきポイント

中芯を選ぶ際には、重視すべきポイントがあります。
それはライナーとのバランスを考慮して、中芯を選ぶことです。ライナーとのバランスを考慮しながら中芯を選ぶことによって、段ボールの使い勝手をよくすることができます。
ここからは、その理由について詳しく解説します。

3-1.ライナーとのバランス

中芯を選ぶときは、ライナーとのバランスを考慮することがポイントです。中芯とライナーのバランスが悪ければ、段ボールを折り曲げたときにライナーが中芯の硬さに耐えられず、破れてしまう可能性があります。

そのため、ライナーの強度を考慮しながら中芯を選ぶことは、とても重要であるといえるでしょう。

もし強化180gや強化200gといった硬い中芯を使いたいときは、K6以上のライナーを選ぶことがおすすめです
中芯とライナーの最適なバランスは、以下の通りです。

【中芯とライナーの最適なバランス】

中芯 ライナー
120g・160g C5
160g・180g K5
強化180g・強化200g K6以上

ぜひ段ボールを作るときの参考にしてください。

4.用途・強度に合わせて段ボールを購入するなら?

もし「自分の望む用途・強度に合った段ボールがほしい」と考えるなら、段ボール専門のサイトを利用するという選択肢があります
段ボール専門のサイトを利用するメリットは、以下の3点です。

  • 段ボールの種類が豊富であるため、自分の目的に合った段ボールを見つけやすい。
  • オーダーメイドでオリジナル段ボールを作ってもらえる。

どこかから段ボールをもらって来て使用することもひとつの手段です。しかし、その場合、必ずしも自分の望む用途に合った段ボールを手に入れられるとは限りません。

自分の望む用途に合った段ボールが欲しいのなら、段ボール専門のサイトで購入することをおすすめします。

商品の種類が豊富なため、用途に適した段ボールがきっと見つかるでしょう。もし自分の望む段ボールがなかったとしても、オーダーメイドで注文することができます
「用途に適した段ボールを購入したい」という人は、段ボール専門のサイトをぜひ利用してみてください。

まとめ

段ボールの用途は、使われる中芯によって、大きな影響を受けます。中芯の高さがフルートの種類に関係し、ひいては段ボールの用途に影響を与えます。

段ボールはホームセンターで簡単に購入できる商品です。しかし、段ボールにもさまざまな種類があるため、用途に適していない段ボールを購入してしまうかもしれません。

段ボール専門の通販サイトであれば、豊富な種類の段ボールから、用途に適した段ボールを選ぶことができます。
さらに段ボール専門のサイトであれば、大ロットで割引になる可能性もあります。オーダーメイド製作サービスもあるため、きっと自分の望む段ボールを手にすることができるでしょう。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順