• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

引っ越し用段ボールの正しい組み立て方&強度を上げるコツを徹底解説

引っ越しにおいて、荷造りは重要な作業のため、荷物を入れた段ボールが搬出途中に崩れてしまったり、底が抜けてしまったりすれば、引っ越し作業の大きなタイムロスとなります。そのため、引っ越しをスムーズに進めるためには、底が抜けない丈夫な段ボールを作ることが重要です。

そこで今回は、引っ越し用段ボールの正しい組み立て方や段ボールの底の強度を上げるコツを徹底解説します。近々引っ越しを予定している方は、ぜひ参考にしてください。

1.引っ越し用段ボールはふたの閉め方で強度が決まる!

引っ越しに必要不可欠な段ボールは、正しいふたの閉め方を知らないまま荷物を梱包すると、段ボールを持ち上げた瞬間に中の荷物が落ちてしまうことがあります。また、中の荷物が落ちてしまうと、引っ越しの作業が遅れるだけでなく、中の荷物に傷が付くリスクもあります。

引っ越し用段ボールの悪い閉め方として、以下のような例が挙げられます。

  • クロス組みだけでテープを貼っていない
  • 段ボールの側面までテープを貼っていない
  • 段ボールの角にテープを貼っている

クロス組みとは、テープを使わずに底をクロスして段ボールを組む方法を指します。テープが必要ないため、すぐに組み立てられます。しかし、テープを貼らずにクロス組みだけで閉じた段ボールは強度度が不十分なため、持ち上げた瞬間に荷物の重さに耐えられず、真ん中から荷物が落ちてしまいます。

また、段ボールを組み立てる際に、最も簡単な方法と言われている一の字貼りを行う際の重要なポイントは、段ボールの側面までテープを貼ることです。しかし、梱包の際に段ボールの側面までテープを貼っていなかった場合、段ボールの強度は大きく落ちます

H字貼りは、底の隙間をテープで埋める貼り方です。H字貼りは隙間がなくなるため、小さな物が段ボールから落下することを防ぐことができます。しかし、隙間を埋めるだけでは中央は補強されないため、強度はありません。

いずれも、梱包した荷物が軽いものであれば問題はありませんが、重さのある荷物の場合は、容易く段ボールの型が崩れてしまいます。そのため、引っ越し用段ボールは、正しく組み立てることが大切です。

2.引っ越し用段ボールの正しい組み立て方

引っ越し用段ボールの正しい組み立て方は、以下の通りです。

  • ①ふたの短い方を折る
  • ②ふたの長い方を折って重ねる
  • ③テープで真ん中を閉じる
  • ④③で貼ったテープとクロスするようにテープを十字に貼る

布団や衣類、ぬいぐるみなど、梱包する荷物が軽い場合は、③までの手順でも問題ありません。しかし、前述したように一の字貼りは強度が低いため、重量のあるものを梱包する際は、④の手順を付け加えましょう。基本的に、段ボールの中に詰めた荷物は、真ん中に重さが集中するため、③で貼ったテープにクロスするようにテープを貼り、真ん中の強度を高めることがポイントです。

中に荷物を詰めたあとの段ボールの閉じ方は、上記の①から③までの手順のみで問題ありません。

段ボールの組み立てにおいて、上記の組み立て方以外にも、段ボールの上下を間違えないことも大切です。引っ越し業者は、段ボールの印刷文字を見て、段ボールの上下を判断します。上下を逆にして組み立て、荷物を詰めてしまうと、荷物を持ち運ぶ際に中の荷物が破損してしまう恐れがあります。そのため、段ボールの上下は必ず間違えないように注意してください。

段ボールの上下を間違えてしまった際は、一度荷物を取り出し、正しく梱包し直しましょう。

3.引っ越し用段ボールの底の強度を上げる3つのコツ

引っ越し用段ボールの強度を上げる方法は、組み立て方だけでありません。段ボールの底の強度を上げることも重要です。とくに、本や食器類など、重い荷物を梱包する際には、底が抜けやすくなるため、段ボールの底の強度をより上げる必要があります。

ここからは、段ボールの底の強度を上げるコツを3つに分けて紹介します。

3-1.「キ」の文字になるようにガムテープを貼る

段ボールの底を閉じる方法はいくつかありますが、中でも頑丈な閉じ方として、「キの字貼り」が挙げられます。

キの字貼りの方法は、以下の通りです。

  • ①ふたの短い方を折る
  • ②ふたの長い方を折って重ねる
  • ③テープで真ん中を閉じる
  • ④③で貼ったテープとクロスするようにテープを「キ」の字に貼る

手順は十字貼りと似ていますが、キの字貼りは、片仮名の「キ」の形になるよう、一の字貼りのテープにクロスしてテープを2回貼ります。

キの字貼りを行うことにより中の荷物の圧力が均等にかかり、強度の弱い部分がなくなります。また、段ボールを持つ部分を確保できるため、運搬の際に手を滑らせてしまうこともありません。

さらに底を頑丈にする場合は、テープの素材にも気を配りましょう。テープの素材には、紙や布、ビニールなどがありますが、中でも引っ越し用段ボールを閉じる際には、紙テープの使用がおすすめです。紙テープは、ガムテープやクラフトテープとも呼ばれる、安価で一般的なタイプのテープです。段ボールは紙でできているため、同じ材質である紙テープが、最も粘着力を発揮できます。

3-2.使用頻度の低い段ボールを使用する

引っ越しをする際、引っ越し業者からもらえる段ボールだけでは足りず、自分で段ボールを調達することもあるでしょう。自分で段ボールを調達する際は、スーパーやホームセンターなどでもらうことが多いですが、スーパーなどでもらえる段ボールは、基本的に中古です。

中古の段ボールは、すでに型が崩れ、くたびれていることも少なくありません。使用頻度の高い中古の段ボールは、正しい組み立て方やテープの貼り方を実践しても強度が足りず、持ち運びの際に底が抜けたり破れたりする場合があります。そのため、中古の段ボールを使用して梱包を行う際は、使用頻度が低く、新品に近い状態の段ボールを選びましょう

3-3.巻き段ボールを積み重ねる

段ボールの強度をさらに上げたいときには、箱に入らない荷物を梱包する際に使用される巻き段ボールを利用しましょう。

巻き段ボールは、底の強度が増すほか、中の隙間が埋まるため、荷崩れを防ぐことができます。そのため、家電類やビン類など、壊れやすく重い荷物を梱包する際には、最初に巻き段ボールで荷物を包んでから、通常の段ボールに詰めることがおすすめです。

4.より強度を上げるなら重さによって段ボールのサイズを選ぶ

引っ越し用の段ボールを組み立てる際には、組み立て方や強度を上げるコツ以外にも、梱包する荷物の重さによって、段ボールのサイズを変えることです。

段ボールのサイズを決める際の基本的な考え方は、以下の通りです。

  • 荷物が重い → 段ボールのサイズを小さくする
  • 荷物が軽い → 段ボールのサイズを大きくする

組み立て方やテープの貼り方で段ボールの強度を上げても、荷物の総重量が重いと底が抜けてしまう可能性があります。そのため、重い荷物を梱包する際は、段ボールにかかる圧力が分散しないよう、小さいサイズの段ボールを使用すると良いでしょう。

荷物に合ったサイズの段ボールを自分で探す際は、簡単に入手できるスーパーなどではなく、「段ボール専門の通販サイト」を利用することがおすすめです。段ボール専門の通販サイトには、さまざまなサイズの段ボールが用意されているため、梱包したい荷物の量や形などに合ったサイズの段ボールを使用できます。

まとめ

引っ越しの際、荷物を梱包した段ボールが正しく組み立てられていないと、運搬作業中に中の荷物が落下し、作業時間が大きく長引きます。しかし、段ボールの正しく組み立てることによって、引っ越しにかかる時間を節約することができます。

また、段ボールの正しい組み立て方だけでなく、段ボールの強度を上げることも重要です。荷物の落下を防ぐことができるほか、段ボールの中で荷物が破損するリスクを軽減できます。

当記事を参考に、段ボールの正しい組み立て方やテープの貼り方を実践し、スムーズな引っ越しに繋げましょう。

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。

A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。

たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。

持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。

ポスター用箱 組み立て手順