• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

段ボールのサイズとは?オーダーに必要な三辺合計・材質も解説!

段ボールは、日常的に目にするツールです。引っ越し段ボール、宅配段ボール箱など、いろんなシーンで利用されます。しかし、段ボールのサイズや材質などの詳細については、分からないことが多くあります。

本記事では、段ボールの「サイズ」「材質」「オーダーメイドの段ボールのメリット」について詳しく紹介します。段ボールでお悩みの方は、ぜひご覧ください。

1.段ボールのサイズには何がある?

段ボールは、宅配便の発送や商品の梱包など、身の回りでよく使用するツールです。ありふれたものだけに「サイズにも統一した規格があるのでは?」と考えがちですが、段ボールのサイズには統一した規格やルールはありません

そのため、運送会社や引っ越しなどで段ボールを使用する際には、それぞれの運送会社や引っ越し業者の定める「三辺合計サイズ」に合わせた段ボールを用意することが一般的です。

以下では、段ボールのサイズの基礎知識をわかりやすくご紹介します。

1-1.段ボールのサイズは三辺合計で表す

段ボールは「三辺合計」でサイズを表します。

▼段ボールのサイズ=箱の長さ+箱の幅+箱の深さ

例えば、箱の長さが26cm、箱の幅が22cm、箱の高さが12cmの外寸の段ボールがあったとします。この場合の段ボールは、以下のサイズとなります。

▼26cm(長さ)+22cm(幅)+12cm(深さ)=60cm;60サイズ(段ボールのサイズ)

上記のように、段ボールのサイズは、箱の長さと幅、深さで知ることが可能です。運送会社が「60サイズ」と規定していれば、三辺合計が60cm以内のサイズの段ボールを利用します

対して、三辺合計が64cmの場合はどうなるでしょうか?三辺合計が60cmを超える場合は、もう一つ上のサイズ、例えば「80サイズ」での料金で発送することとなります

1-2.一般的な段ボールのサイズ一覧

「60サイズ」や「80サイズ」といったあまり見慣れない言葉を使いましたが、これは一般的な段ボールのサイズを表しています。一般的な段ボールのサイズを一覧にまとめると、次のとおりです。

  • 60サイズ
  • 80サイズ
  • 100サイズ
  • 120サイズ
  • 140サイズ
  • 160サイズ

上記は、それぞれ段ボールの箱の長さと幅、深さを合計したものです。長さや幅には統一した規格はないため、利用する側の自由度を狭めないサイズ指定となっています

宅配などで利用する、一般的な段ボールが60サイズです。CDで20枚程度、本なら数冊入るため、雑貨や衣服などのちょっとした贈り物を送る際に適しています80サイズはB5サイズの用紙が、100サイズにはB4サイズの用紙が入るため、ワイシャツやセーターも梱包可能です。

120サイズは、A3サイズの雑誌や書類まで梱包できます。ただし、120以上のサイズで、本のみを入れてしまうと、重すぎて持てなくなってしまうため注意してください。また、荷物の重量に底面が耐えられなくなる場合もあるため、ガムテープなどでの補強も必要です。

140や160サイズでは、完成品のプラモデルなど軽くて体積の大きい物に適しています

1-3.通販などの発送用に最適な段ボールのサイズ

配送する場合、段ボールは輸送中の商品が破損しないよう守ってくれます。同時に、段ボールはお客様が最初に目にするものであるため、受け取った際のイメージも重要です。

そのため、商品発送用で使用される段ボールは、60サイズや80サイズの小さめ段ボールが一般的です。運びやすく小回りが利くため、商品が破損するリスクが小さくなります。さらに、お客様が受け取った際に持ち運びやすく、使いやすいというメリットもあります。

1-4.引っ越しの梱包用に最適な段ボールのサイズ

段ボールの使い道として多いものが「引っ越し用段ボール」です。引っ越し用段ボールは、荷物を守ることと、多くの荷物を一度に運ぶことが目的となります。

そのため、引っ越しの梱包用の段ボールでは、100サイズ・120サイズ・140サイズといった大きめの段ボールが利用されます100サイズは書籍や陶器の茶碗など小さめで重量のある荷物に、140サイズは衣類など軽くてかさばる荷物に適しています

2.用途に合った材質の段ボールを選ぼう!

次に、段ボールを選ぶ際に気をつけたいことを紹介します。ポイントは、荷物をどれだけ入れられるかという「サイズ」と、荷物を衝撃から守る「材質」です。

段ボールの材質・強度は一般的に「フルート(厚み)」「ライナー(表面の紙)」「中芯」によって決まります。それぞれの特徴を知り、用途に合った材質選びをしましょう。

2-1.段ボールの材質①フルート

「フルート」とは、段ボールの厚みのことです。フルートの種類によっても、段ボールの強度が異なります。以下は、フルートの種類を表にしたものです。

名称 厚み 用途
Aフルート 5mm 一般的なフルートで、引っ越し用や配送用など広く用いられる
Bフルート 3mm Aフルートよりも薄く、加工しやすい
表に印刷する場合や小物の梱包向き
Wフルート 8mm AとBを貼り合わせたもので強度があり、重量のある荷物に向いている
Cフルート 4mm 欧米を中心に世界で利用されているフルート
Eフルート 1.5mm ギフト箱の外装用に利用される薄手のフルート

2-2.段ボールの材質②ライナー

「ライナー」とは、段ボールの表面の紙のことで、使用されている材料によって強度や価格が変化します

  • C5:古紙含有率が90%以上のCライナーを利用
  • C6:Cライナーを利用しており、C5よりCライナー含有量が高い
  • K5:古紙にバージンパルプを加えたKライナーを利用
  • K6:Kライナーを利用しており、K5よりKライナー含有量が高い
  • K7:Kライナーを利用しており、K6よりKライナー含有量が高い

下に行くほどに強度が高く、価格も高くなります。K5は強度がちょうどよく、表面に印刷をする場合でも色の乗りがよいため、上記ライナーの中でもよく用いられています

2-3.段ボールの材質③中芯

「中芯」とは、段ボールの中心部分にある「波」のことです。一般的に中芯は、120gの材質が利用されています

中芯にも160gや180gといった種類があり、重量がある荷物の配送や貴重品の運搬など、強度を上げたいときに使用します

3.商品によってはオーダーメイドがおすすめ!

一口に「段ボール」といっても、サイズや材質によってさまざまなバリエーションがあることが分かりました。

特に、通販などの出荷用で段ボール箱を使用するときは「どうせ送るためだけのものだし…」と考えることは早計です。段ボールは、商品を受け取る方が最初に目にします。また、商品と段ボールのサイズが合わず余白部分があまりにも大きかったり、材質の強度が弱ければ商品破損のリスクも高まります

このようなリスクを防ぐためには、専門ショップでオーダーメイド段ボールを注文することがおすすめです。オーダーメイドの段ボールであれば、商品のサイズに合わせて必要な数量だけ注文することができます

また、材質面でも強度だけでなく、質感や通気性を選ぶことも可能です。密閉した空間に適さない商品のための段ボールも、オーダーメイドできます。

さらに、定番商品であれば単価も税抜で10円以下の段ボールもあり、カスタムに合わせた価格設定がされていることも魅力です。数量が多いほど通常価格も安くなります

3-1.段ボールのサイズと材質から簡単にオーダー可能

「オーダーメイドの段ボールって、頼むの面倒じゃない?」と感じる方もいるでしょう。しかし、段ボールのオーダーは、サイズと材質から簡単に注文することができます。

ステップ1 箱の形式を選択 みかん箱形式や細長いポスター用、定番段ボール箱など様々なタイプから選択
ステップ2 サイズ記入・詳細を選択 商品に合ったサイズや寸法、フルートや中芯を選択

上記の2ステップが完了すれば、後は金額を確認し、注文ボタンをクリックするだけです。完成品のイメージも紹介されており、簡単にオーダーメイドの段ボールを手にすることができます

送料は、「送料込み」や「無料」などがあるため、事前に確認しておきましょう。出荷時期や商品発送は、カスタムの程度で前後します

まとめ

本記事では、段ボールのサイズの計り方から材質の詳細、ちょっとした配慮で受け取る方の好感度を上げてくれるオーダーメイドの段ボールについて紹介しました。

段ボールのサイズは、箱の長さと幅、深さを足した三辺合計で算出できます。また、材質によって強度が異なるため、用途に合った段ボールを選びましょう。段ボールのオーダー自体は、簡単に注文できるためハードルは高くありません。オーダーメイドで作った段ボールを使用して、他業者との差別化を図りましょう。

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。

A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。

たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。

持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。

ポスター用箱 組み立て手順