現在使用中のブラウザはセキュリティの脆弱性により安全ではありません。
MICROSOFT EDGE, GOOGLE CHROME, MOZILLA FIREFOX, SAFARI, OPERAなどの最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
  • 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ダンボールで靴箱を自作する方法3選|リメイクの流れも紹介!

一人暮らしの人や急に引越しをした人の中には、「自宅に靴箱がないため、ダンボールで自作したい」と思う人も少なくないのではないでしょうか?ダンボールで靴箱をDIYする際は、なるべく新品のダンボールを使用することが大切です。

今回は、ダンボールで「3段靴箱」「ダンボール収納BOX」の作り方と、「靴の空きダンボール」のリメイク法について解説します。ダンボールで靴箱をDIYする際のポイントについても2つ紹介します。ダンボールで靴箱をDIYしようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

1.ダンボールで「3段靴箱」を作る方法・流れ

ダンボールで靴箱を作る方法は、大きく分けて2種類あります。

  • (1)靴の空きダンボール(空き箱)や小さなダンボールを、大きいダンボールと組み合わせる方法
  • (2)普通のダンボールを切り貼りして仕切りを作る方法

靴の空き箱が3個以上ある場合は(1)の方法がおすすめです。簡単かつ、見た目もある程度綺麗に作成できます。一方で(2)の方法は、靴の空き箱は使用しないものの、ダンボールを切り貼りする作業が発生するため、綺麗に仕上げるためには丁寧に作業する必要があります。

なお、一般的な靴の空き箱の大きさは「長さ320mm」「幅200~245mm」「深さ120mm」程度です。そのため、靴3足分の場合は「長さ360mm」「幅200~245mm」「深さ320mm」より一回りほど大きな外箱用ダンボールを用意しましょう。

ただし、ハイカットのスニーカーなどを保管する場合は、120mm以上の高さが必要な場合もあるため注意してください。

以下では、3段靴箱を作るそれぞれの方法に必要なもの・手順を紹介します。

(1)靴の空き箱や小さなダンボールを、大きいダンボールと組み合わせる方法

▼必要なもの

  • 靴の空き箱×3
  • 靴の空き箱3つが入るダンボール
  • カッター
  • ガムテープ
  • 木工用ボンド

▼3段靴箱を作る手順

(1) 靴の空き箱の開閉部分をガムテープで閉じる

(2) 側面(短辺側)を1カ所切り開く

(3) 切り開いた部分を内側に折り込んでガムテープで固定する

(4) 靴の空き箱を3つ重ねて木工用ボンドで貼り合わせる

(5) 大きなダンボールにはめ込んで接地面を木工用ボンドで貼り合わせる

大きなダンボールがない場合は、靴の空き箱を重ねて貼り合わせるだけでも、簡易的な靴箱を作成できます。

(2)普通のダンボールを切り貼りして仕切りを作る方法

▼必要なもの

  • 外箱用ダンボール×1(みかん箱タイプのダンボール、縦320mm×横200mm×高さ360mm以上が好ましい)
  • 棚板用ダンボール×8(外箱用ダンボールの縦・横と、同等のサイズのもの)
  • カッター
  • 木工用ボンド
  • 重石

※3段靴箱を作る際の「棚板」は全部で2枚必要です。強度を上げるため、1枚の棚板を4枚のダンボールで作成することから、計8枚必要となります。

▼3段靴箱を作る手順

(1) 外箱用ダンボールを作りたい靴箱の大きさにカットする

(2) 板状のダンボールを棚板にするために、4枚ずつ木工用ボンドで貼り重ねる
※しっかりと貼り付けるために重石を乗せて乾かす

(3) 外箱用ダンボールを立て、側面に棚板を差し込むための穴を、棚板の厚みに合わせて、2~3cmおきに3つ程度開ける

(4) 外箱用ダンボールの奥面に、棚板を差し込むための穴を一直線に開ける

(5) 棚板用ダンボールが乾いたら、差込み穴の形状に合わせて側面と奥面を切る

(6) 外箱用ダンボールに棚板をはめ込んで完成

外枠に強度が欲しい場合は、外箱用ダンボールを二重にすることで補強できます。また、3段靴箱を綺麗に完成させるためには、メジャーなどで寸法を測定しケガキ線を書いてから作ることが大切です。

棚板を差し込んだ断面部分・外観の見栄えが気になる場合は、カラースプレーなどで塗装すると見栄えが良くなります。

2.「靴の空きダンボール」をリメイクする方法・流れ

靴の空き箱は作りが丈夫であるため、3段靴箱に活用するだけでなく、そのままの状態でも小物入れなどに活用できます。

靴の空き箱をリユースする際、多くの人はそのまま使用すると思いますが、以下のように「靴の空き箱を、ひっくり返して組み直す」という技を使用することで、おしゃれなリメイクが可能です。

▼靴の空き箱をリメイクする手順

(1) 靴の空き箱の、ふた・側面部分にある爪部分を外して開く

(2) 側面の組み立て部分を外し、箱を完全に開く

(3) ダンボールを裏返し、裏面が表にくるように組み立てる

(4) 側面・ふた部分の爪をはめ込む

(5) 無地のダンボールボックスが完成

靴の空き箱の裏面が表面にくるよう組み直した際は、ふた・側面を固定する爪部分をしっかり伸ばすと上手くはめ込めます。好みに合わせて布・包装紙・マスキングテープ・塗料などで装飾すると、オリジナルの箱にリメイクが可能です。

3.靴の平置き保管ができる「ダンボール収納BOX」を作る方法・流れ

ダンボールは、おしゃれな「収納BOX」へのリメイクも可能です。

新品の靴・大切な靴を平置き保管することもできるため、以下のリメイク方法もぜひ参考にしてください。

▼必要なもの

  • ダンボール
  • カッター
  • ガムテープ
  • 木工用ボンド

▼ダンボール収納BOXを作る手順

(1) ダンボール収納BOXを入れる棚・クローゼットのスペースを測る

(2) 測ったスペースに合わせ、ダンボールをカッターで切る
※装飾によってはダンボールの厚みが増す可能性があるため、ダンボール収納BOXを置くスペースより、1cm以上小さく切る

(3) ダンボールを箱の形に組み立て、ガムテープで補強する

(4) 収納スペースに入るかを確認する

(5) 布を箱の外周りに合わせ切る
※ダンボ―ルのふちを綺麗に覆うために、布は大きめに切る

(6) 布をダンボールの外周に合わせて、木工用ボンドで接着する

(7) はみ出した布を、底面・内側に折り込み木工用ボンドで接着する

ダンボール収納BOXの強度が心配な場合は、ダンボールを2枚重ねにして組み立てると良いでしょう。

箱の中に仕切りを作る際は、1枚板のダンボールを貼りつけるよりも、小さなダンボール箱を入れ込む方法がおすすめです。箱の強度が増すうえに、内側に折り込んだ布の端を隠せて綺麗に仕上がります。

4.ダンボールで靴箱をDIYする際のポイント

ダンボールは簡単に手に入る材料であるため、靴箱や収納BOXも手軽に作ることができます。一方で、ダンボールを使用して靴箱を作ったりDIYしたりする際は、下記の点に注意しましょう。

  • 湿気対策を行う
  • 新品のダンボールを使用する

DIYしたダンボール靴箱を、清潔な状態で長く使用するためにも、ぜひ参考にしてください。

4-1.湿気対策を行う

ダンボールは湿気に弱いため、湿気対策を必ず行いましょう。濡れた靴をダンボール製の靴箱に保管すると、湿気の影響により形が変わったり、カビが生えたりする恐れがあります。

ダンボール製の靴箱を湿気から守るためには、週に1回程度を目安に風通しの良い場所で乾燥させることが大切です。また、雨などで靴底(ソール)が濡れた場合は、靴が完全に乾いてから靴箱に入れてください。

暑い時期は靴が蒸れやすくなるため、新聞紙を折って靴の下に敷いたり、除湿剤を利用したりすることもおすすめです。

4-2.新品のダンボールを使用する

ダンボールで靴箱をDIYする際は、新品のダンボールを使用しましょう。

ダンボールの内部は湿気・温度が高くなりやすいため、長期間使用していないダンボールは害虫が繁殖しやすい環境にあります。特に資源ごみで入手できる中古のダンボールは、配送中・保管中に害虫が卵を産み付けている恐れがあるため、注意が必要です。

「ユーパッケージ」では、既製のダンボール以外にも、オーダーダンボール・カラーダンボールなどを提供しています。作りたい靴箱の大きさに合わせて1mm単位でオーダーすることも可能なため、靴箱のDIYを考えている人はぜひご利用ください。

まとめ

家にちょうどよい靴の収納場所がない場合、自分でダンボールの靴箱を手作りすることができます。一番簡単な方法は靴の空き箱を重ねる方法で、DIYに自身がある人は棚板をはめ込む方法でも作成可能です。

また、ダンボールで靴箱などのDIYを行う際は、新品のダンボールを使用しましょう。使用済みのダンボールは、ダニなどの害虫が発生するリスクが高まるため、あまりおすすめできません。

DIY用にダンボールを購入する際は、ぜひ「ユーパッケージ」をご利用ください。

箱の組み立て手順
A式/みかん箱タイプ
A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。
A式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/地獄底タイプ
B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
たとう式/やっこタイプ
たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。
たとう式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/サイド差込タイプ
N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
B式/キャラメル箱タイプ
T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。
B式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
N式/上差込タイプ
N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。
N式箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。
持ち手式タイプ箱 組み立て手順
箱の組み立て手順
ポスター用箱
ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。
ポスター用箱 組み立て手順