• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

引越しに適したダンボールとは?入手方法から荷造りのコツまで紹介

楽しい新生活がスタートする前に、必ず立ちはだかるものが引越しです。ダンボールの準備から荷造りまでやらなければならないことがたくさんあるため、始める前から面倒だと思っている方も多いでしょう。

そこで今回は、引越しで必要なダンボールの調達方法や上手な荷造りの仕方など、引越しの際に役立つ情報を紹介します。これから引越しを行うという方は、荷造りをスムーズに終わらせて気持ち良く引越し日を迎えるためにも、ぜひ参考にしてください。

1.引越しに適したダンボールとは?

ダンボールと一口に言ってもさまざまな種類があります。ダンボールの特徴ごとで梱包に適した荷物が異なるため、用途に合わせたダンボールを選ぶことが重要です。

では、引越しの際はどのようなダンボールを選ぶべきなのでしょうか。引越しに適したダンボールの特徴は以下の3つです。

■強度がある
荷造りした荷物は、トラックに積んだり新居に運び込んだりと何度も持ち運びをします。その上、できるだけ短時間で荷物の移動ができるよう何個も重ねて同時に運ぶ場合も多いため、持ち運びの作業に耐えられるよう強度があるダンボールが必要です。

厚みがあり安定して運べるだけの強度があれば、引越し作業中にダンボールが壊れるなどのリスクも抑えられるでしょう。

■清潔感がある
ダンボールの内部が汚れていると、荷造りをした際に荷物が汚れてしまいます。新品を購入した場合は問題ありませんが、家にあるダンボールを使ったりスーパーなどからもらってきたりする場合は、汚れている可能性があるため注意が必要です。

■サイズを揃える
サイズがバラバラのダンボールを準備してしまうと、トラックに運び込んで積み重ねた際にバランスが取りづらく、運転の衝撃で荷物が倒れてしまう恐れがあります。荷物を安全に運ぶためにも、ダンボールのサイズはできるだけ揃えておく方が安心です。

上記3つの特徴は、すべて引越し業者が用意するダンボールにも当てはまります。これから自分で引越し用ダンボールを準備しようと思っている方は、上記3つを基準に準備を進めましょう。

1-1.引越しに必要なダンボールの個数

引越しにはたくさんのダンボールが必要ということは漠然と分かっていても、実際にどの程度の個数を用意しておくべきか分からないという方も多いでしょう。そこで、間取り別に必要なダンボール数の目安を紹介します。

現住所の間取り ダンボール数
1R ~10個
1K/1DK 10~15個
1LDK/2K ~20個
2DK/2LDK ~30個
3K以上 40~50個以上

間取りの他に、部屋の広さや家族の人数などによっても異なるため一概には言えませんが、大まかな目安としてダンボールを準備する際に役立ててください。

2.引越し用ダンボールの入手方法

引越し用ダンボールの入手方法は、主に3つあります。準備できるダンボールの種類やサイズ、費用などが異なるため、自分にとって都合が良い方法を選ぶことが大切です。

ここでは、ダンボールを入手するための方法と入手時に注意すべきポイントについて解説します。

2-1.①引越し業者から入手する場合

引越し業者の中には、引越し用ダンボールを無料で提供してくれるところもあります。数は最大50枚までのところが多く、自分で用意せずとも引越し業者が提供してくれる分で事足りる場合も多いです。引越しに適したダンボールか否かを判断する必要がないため、準備も楽にできるでしょう。

ただし、業者によってはダンボール代が見積もりに入っていたり、時期によってはサービス内容が普段と違うなどといったのデメリットもあります。「お金がかかるくらいなら自分で用意したい」という方は、契約前にしっかり見積もりをチェックしておきましょう

また、ダンボールをもらった後に引越しをキャンセルした場合、基本的に返却に伴う送料を負担しなければなりません。もしも使用済みダンボールがあれば買取対象となってしまいます。キャンセル時の対応方法も引越し業者ごとで異なるため、事前に確認しておきましょう。

2-2.②購入する場合

ホームセンターやネット通販などで、ダンボールを購入することも可能です。それぞれの特徴を知り、自分にとって都合が良い方法でダンボールを準備しましょう。

■ホームセンター
さまざまなサイズのダンボールがあり、1枚から購入できます。どのように荷造りをするかを想像しながら必要な量を準備できるところがメリットです。

ただし、大きなサイズのダンボールを手に持ったり自転車で持って帰ったりすることは難しいため、綺麗な状態で持ち帰れるよう車を準備しておきましょう。

■ネットショップ
ネットショップであれば、普段から忙しく時間を作れない方でも、簡単にダンボールを準備できます。ある程度の枚数がセットになっていてまとめ買いできるため、たくさん必要な場合でも安心でしょう。

また、引越しセットとして梱包材や粘着テープも一緒についている場合もあるため、引越し準備を効率よく行いたい方におすすめです。

ただし、注文してから到着するまで日にちがかかる場合は荷造りが間に合わない恐れがあるため、値段や枚数だけでなく到着予定日も抜かりなくチェックしておきましょう。

どちらの方法もお金はかかりますが、綺麗な状態のダンボールを用意できるため、安心して荷造りが行えます。新品であるため破れているといった不備の心配もなく、荷造り中にダンボールが壊れるなどのリスクも軽減できるでしょう。

2-3.③無料で入手する場合

スーパーやドラッグストアなどに行くと、無料でダンボールをもらえることがあります。

一番のメリットはやはりお金がかからないことです。引越し費用や新居の初期費用などで何かと物入りとなるため、無料でダンボールを調達できることは非常にありがたいところでしょう。

どのようなダンボールがもらえるかはその時々で変わりますが、基本的に商品が入っていたもののため、サイズや強度はさまざまです。中には野菜の土汚れなどが目立つダンボールもあるため、もらう際は引越しに適しているかどうかを考えて選びましょう

3.ダンボールで上手に荷造りをするコツ

大切な荷物を安全に運搬するためには、荷造りの際にいくつかコツがあります。ダンボールの底面が抜けないよう十字にガムテープを貼ったり、重い物は小さめのダンボールに入れたりといったちょっとした工夫は、引越しを円滑に進めるために大切です。

また、上手に荷造りをすることで、荷解きの際に無駄が省けるため時間と労力の節約にもなるでしょう。最後に、荷造りをする際にぜひ実践してもらいたいコツを3つ紹介します。

3-1.引き出しや本棚の中身は段ごとに梱包する

衣装ケースや本棚などの収納家具の中身は、段ごとでダンボールに詰めることがおすすめです。収納家具の中から出してダンボールに移動させるだけのため、中身を仕分けする手間がなく、荷解きの際もそのまま家具に移し替えるだけで済みます。

荷造りと荷解きどちらもスムーズに行える一石二鳥な方法であるため、収納家具が多いご家庭はぜひ試してみてださい。

3-2.割れ物は色の付いたテープで目印をつける

服や小物類などの荷物とは別に、慎重に扱うべき割れ物は目立つよう色付きのテープを貼りましょう

ダンボールの側面に直接「割れ物」と書く方法もありますが、これではダンボールのどこに文字が書かれているかを探さなければなりません。同じ見た目のダンボールが何十個も積み重なっていると、メモ書きがあったとしてもうっかり見間違えてしまうこともあるでしょう。

しかし、色付きのテープを貼れば離れた場所でもすぐに分かるようになります。自分が分かりやすくなるだけなく、引越し作業員も作業がしやすくなり、効率的に引っ越しが進みます。

3-3.壊れやすいものはエアクッションで包んでから梱包する

ビン類や食器類などの壊れやすいものは、エアクッションで包んでからダンボールに入れます。裸のままで入れると、ちょっとした衝撃で他のものとぶつかって破損する恐れがあるためです。

エアクッションはホームセンターやネットなどで購入できます。お金をかけたくない場合は新聞紙を使った梱包方法も有効なため、荷造りまでにたっぷり用意しておきましょう。

まとめ

引越しにはたくさんのダンボールが必要となります。使用するものに規定はありませんが、安全に荷物を運搬するためには、引越しに適したダンボール選びに気を配りたいところです。

また、何十個ものダンボールを使って荷造りをすることは、労力も時間もかかります。ただし、荷造りをする以上到着後の荷解きのことも考えなければなりません。荷造りの際には、荷解きのことも考えて作業をしましょう。

荷造り・荷解きをスムーズに済ませ、気持ちよく新生活をスタートさせるためにも、引越しの際にはぜひ今回のコツなどを参考にして荷造りをしてみてください。

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。

A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。

たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。

持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。

ポスター用箱 組み立て手順