• 050-8882-3727050-8882-3727
    対応時間:平日10:00~12:30 / 13:30~18:00

箱の豆知識

ゆうパックで使用できる箱とは|利用可能サイズから梱包の注意点まで

通販サイトが利用しやすくなったこと、オークションサイトやフリマサイトの拡大、各アプリのリリースなど、商品の発送の機会が企業や個人を問わず多くなりました。

発送方法として一番に思いつく方法は、やはり郵便局の配送サービスであるゆうパックではないでしょうか。ゆうパックなら郵便局だけでなく、コンビニでも集荷をしており、数ある配送サービスでは非常に身近なサービスと言えるでしょう。

今回は、ゆうパックで利用できるサイズやサイズごとの価格、ゆうパック専用箱以外の入手方法に専用箱以外を使用するメリット・デメリットを解説します。

1.ゆうパックで利用可能な箱のサイズ

ゆうパックで利用可能な荷物の大きさは、縦・横・高さの外寸合計で決まります。外寸合計が170cm以下で25kg以下の重さであればゆうパックを利用可能です。

さらに、配送料は荷物の大きさと発送予定の地域までの距離によって異なるため、荷物の大きさはできる限り小さくした方が配送料を抑えることができます。

ゆうパックで利用できる荷物のサイズ規格は以下の通りです。

サイズ規格 荷物の大きさ(縦・横・高さの合計)
60サイズ 60cm以下
80サイズ 80cm以下
100サイズ 100cm以下
120サイズ 120cm以下
140サイズ 140cm以下
160サイズ 160cm以下
170サイズ 170cm以下
(引用:郵便局「ゆうパック」

2.郵便局で販売されているゆうパックロゴ入り箱のサイズと価格

ゆうパックを利用する際に必要となるものが梱包資材です。郵便局にはゆうパックのロゴが入った専用箱が販売されています。専用箱はサイズ別で用意されているため、荷物の対応サイズと配送料がとてもわかりやすいことが特徴です。

郵便局で販売されているロゴ入り専用箱は以下の通りです。

▼ゆうパック包装用品一覧

箱の種類と価格 サイズ(mm) 用途や大きさの目安
箱 小サイズ(100円) たて175×よこ225×高さ145 帽子や小物など
箱 中サイズ(140円) たて255×よこ315×高さ175 B4サイズのファイルが入る
箱 大サイズ(210円) たて315×よこ395×高さ225 A4サイズのファイルが入る
箱 特大サイズ(370円) たて345×よこ445×高さ340 A3サイズのファイルが入る
三角ポスターケース(120円) たて120×よこ645×高さ105 ポスターやカレンダーなど
酒箱 1本用(170円) たて135×よこ135×高さ445 一升瓶など酒類1本
酒箱 2本用(270円) たて135×よこ265×高さ445 一升瓶などの酒類2本
ワイン箱 1本用(140円) たて110×よこ110×高さ315 ワインなどの酒類1本
ワイン箱 2本用(210円) たて110×よこ210×高さ315 ワインなどの酒類2本
(引用:郵便局「ゆうパック包装用品」

3.ロゴ入りの専用箱以外でもゆうパックで使用可能

梱包する際のダンボールや箱は指定されていないため、輸送に耐えられる強度のあるものとサイズに対応をしていれば、どのような箱を使用しても問題ありません
例えば、スーパーに置いてあるような飲料やお菓子などのダンボールや、通信販売で送られてきたダンボールを再利用することも良いでしょう。

さらに、ダンボールや箱以外もゆうパックで発送することが可能です。ある程度の強度のあるビニール製の袋や、ショッピングで商品を入れてもらったクラフト地のショップバッグなども利用することができます。

一般的な輸送に耐えられるような強度があれば、基本的にどのような物を利用しても良いとされています。ただし、強度が足りないと判断された場合は、荷受けをしてもらえない場合もあるため注意しましょう。

3-1.専用箱以外の梱包資材の入手方法

前述したように専用箱以外でもゆうパックで使用できますが、入手方法によっては注意すべき点があります。ここでは入手方法と方法別の注意点について紹介します。
ゆうパックで使用できる、専用箱以外のダンボールや箱の入手方法と注意点は以下の通りです。

●スーパーなどで譲ってもらう
スーパーやドラッグストアでは、商品の持ち帰り用に自由に利用してもいいダンボールが、お店の片隅によく置かれています。買い物の際に利用するなどしてダンボールを入手することができますが、必要であればお店のスタッフに譲って貰えないか交渉をしても良いでしょう。

また、各店舗のバックヤードには、商品を取り出し不要になったダンボールが、業者に回収されるまでまとめて置かれています。場合によっては交渉次第でダンボールも譲ってもらうことも可能です。
ただし、空き箱は業者に回収されること前提で解体して畳んでいたり、雑に扱っているものもあるため、破れている・汚れているといった不備がある場合もあります

●ホームセンターや通販サイトなどで購入する
ホームセンターでは、一般的な茶色のダンボールや白いダンボールなどが販売しています。通販サイトでは、ホームセンターにある無地のダンボールの他にも、外装を依頼できるものもあります。
スーパーなどで譲ってもらうものと違い、こちらは費用はかかりますが、破れている・汚れているといった不備はありません。

ただし、ホームセンターなら購入して持ち帰るだけですが、通販の場合、注文して到着まで期間が必要なものもあるため注意しましょう

4.ゆうパック専用箱以外のデザイン箱を使用するメリット・デメリット

前述したように、発送の際専用箱や無地のダンボールなどを使用することができますが、オリジナルの箱ならば、デザインだけでなく規格やサイズも自由に選ぶことができます。さらに、デザイン箱を使用することで、他にはないメリットを受けることができます。

ここでは、オリジナルのデザイン箱を利用することのメリットとデメリットについて解説します。

4-1.メリット①商品の広告効果として期待できる

商品の情報や社名を載せたダンボールは、商品販売を行う上で重要な「覚えてもらう」ということに繋がります。開梱時に必ず見てもらえるうえ、ほかの関連商品の購入に繋がるだけでなく、リピーターの獲得も期待できます
別途広告を打つよりも、必ず目にとまる方法であるため、費用対効果も非常に高い方法です。

4-2.メリット②会社のイメージやブランド力を高めることができる

オリジナルのデザイン箱は、会社のイメージやブランド力を高めることができます。
無地ダンボールやゆうパックの専用箱で商品が送られてきても、会社のイメージは湧きにくく、印象に残ることはないでしょう。

一方、ブランド名やロゴ、キャッチフレーズなどがダンボールに載っていれば、お客さんの目にとまり記憶に残すことが可能です。さらに、伝えたい情報を自由に選んでデザインに取り入れることができるため、イメージをより強調して伝え印象づけることができます。

4-3.メリット③宣伝費用のコスト削減に繋がる

広告には多くの種類があります。ホームページや新聞、テレビCM、看板設置などがあげられます。ただし、どの方法も、宣伝するためには多くの費用が必要です。

オリジナルのデザイン箱には、前述したような広告効果があります。梱包資材の購入費用で広告も兼ねれるため、前述の広告方法を単体で行うことに比べると、非常に安くできる方法と言えるでしょう。

また、事業を始めたばかりの場合では、広告にかけられる費用は限られたものとなります。資材として購入するだけで、広告資材の購入にも繋がるとなれば利用しない手はありません。
さらに、発注した箱ならば自由にデザインができるため、QRコードを印字して自社サイトに呼び込むなど、宣伝効果をさらに高めるような工夫ができるところもおすすめのポイントです。

4-4.デメリット①費用が専用箱より掛かる

オリジナルのデザイン箱を作ろうと思うと、当然ながら費用をかけずに手に入れたダンボールや、郵便局で販売されている専用箱よりも費用がかかってしまいます。1箱単位の単価で見れば安く済むものの、まとめ買いが必須であり、発注量によって値引率も異なります。

予算や費用対効果を考慮して発注することが重要です。取り扱っている商品によって箱のサイズも異なるため、在庫や取扱商品についての把握もしっかりとしましょう。

4-5.デメリット②箱の保管場所が必要となる

オリジナルのデザイン箱を作るにあたり、必要となるものがダンボールの保管場所です。前述したようにある程度の数をまとめて発注する形となるため、発注した分だけの保管場所が必要となります。取扱っている商品の保管場所とは別に、ある程度収納できるスペースは必要となるため、デザイン箱の保管場所もしっかりと確保しましょう。

まとめ

ゆうパックで利用可能な箱に特に指定はありません。ただし、一般的な輸送方法に耐えることができる強度は絶対に必要です。強度が保証できない梱包方法では、荷受けしてもらえない場合もあるため注意しましょう。

箱に関しては、郵便局の窓口で専用箱を購入することも可能ですが、スーパーなどで譲って貰う方法や、通販などで購入することもできます。通販ならば箱の外装のデザインをオリジナルのものにでき、広告効果などのメリットが大きいため、会社として発送する場合にはオリジナルのデザイン箱がおすすめです。

ゆうパックの発送に使用する箱について悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にして箱を選んでみましょう。

箱の組み立て手順

A式/みかん箱タイプ

A式箱
A式箱は世界的に最も使用されている箱の形式でRegular Slotted Container
略してRSCといいます。
底面と天面をOPPテープなどにより封をするため再封性に劣ります。
強度があり紙の無駄と製造工程が少ないので、 値段が安い形式です。
最も多く流通している標準的な形式です。

A式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/地獄底タイプ

B式箱
B式段ボール箱は、機能性が優れた箱でAと共に最もよく使用されている箱の形式です。
天面差し込み、底面組立式で、テープ等が不要です。
上部のフタを差込んで封をするため再封性があり、再利用に向いています。
小形・軽量の物を入れるのに適しています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

たとう式/やっこタイプ

たとう式箱
たとう式箱は底が一体型になっており、
包み込むように梱包するのでスピーディに作業ができます。
梱包時、天面をつき合わせて二重にするので安定性が高く、デザイン的にも優れています。
しかし、箱の4隅に隙間が出来るため10cm以上の高さの製品には適していません。
主に高級衣類、フレーム、書籍、アクセサリーなどに使用される箱です。

たとう式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/サイド差込タイプ

N式箱
N式箱は一枚の紙を組み立てて作ります。
4隅は完全にふさがり、強度があり機能性と安定性に優れています。
前面が2重、横面が3重なので、強度があり、高級製品、重い製品、
衝撃に弱い製品などの包装に多く使用されます。
ただし、紙を多く使用する形なので単価が高くなる欠点があります

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

B式/キャラメル箱タイプ

T式箱
B式箱は、上下のフタを差込む形状の箱で、「キャラメル箱」とも呼ばれます。
箱の前後面が平らで広いため、両面印刷時には、非常にきれいに表現でき、
組み立てが容易で大量の製品の包装などに多く使用されます。
しかし、上下が差込み蓋になっているため主に軽い製品の包装に向いています。

B式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

N式/上差込タイプ

N式箱
N式(上差込タイプ)箱はN式(サイド差込タイプ)箱の一体形底部とB式箱の上蓋を組み合わせたような箱です。
N式(サイド差込タイプ)箱のように安定性と密封性が優れており、
B式箱のように組み立ての作業性も良い利点があります。
また、最低でも1面はダンボールが折り返されているため強度がある箱形状です。
強度が重要な商品の包装にお勧めします。
ただし、N式(サイド差込タイプ)箱のように紙を多く使用するので単価が高くなる欠点があります。

N式箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

持ち手式タイプ

持ち手式タイプ
持ち手式タイプ箱は、下部は組み立て式で、上部にはストラップを付けたギフト用の包装箱です。
ストラップで持ちやすくテイクアウトなどにも使用できるため、
別途にショッピングバッグなどを制作せず製品を
そのままに包装できるのでコストパフォーマンスに優れています。
箱の組み立てが非常に簡単で、底の強度もあります。
色々なシーンに活用が期待できる形状です。

持ち手式タイプ箱 組み立て手順

箱の組み立て手順

ポスター用箱

ポスター用箱
ポスター用箱は縦が長くカレンダーやポスト、図面、傘、ゴルフクラブ
などに多く使用されて箱です。
紙管・紙筒の代わりにもよく使用されます。
当社では、底面と天面をOPPテープなどにより封をするA式(みかん箱タイプ)と
フタを差し込むんで使用するB式(キャラメル箱タイプ)を取り扱っています。

ポスター用箱 組み立て手順